現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

NOLOCK オプティマイザー ヒントでクエリを実行またはトランザクションの分離レベルを READ UNCOMMITTED に SQL Server に設定すると、「605 エラー」エラー メッセージが表示されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:235880
概要
NOLOCK オプティマイザー ヒントでクエリを実行またはトランザクションの分離レベルを READ UNCOMMITTED に設定することができます一時的な 605 エラー メッセージ生成します。
詳細
通常、アクセスするデータには別のユーザー変更されるまたはロックの上のデータを格納するためのプロセスですが拒否されました。ただし、NOLOCK、および READ UNCOMMITTED] コマンドは別のユーザによってロックされているデータを読み取るクエリを有効にします。まだコミットされていない変更される可能性が値を読み取ることができますのでこれはダーティ リードと呼ばれます。

NOLOCK または READ UNCOMMITTED を使用しているクエリを試みます移動中のデータを読み取るとき、または他のユーザーによって変更された、605 エラーが発生します。ダーティ読み取り操作中に発生する 605 エラーの重大度レベル 12 ではなく、重大度レベル 21 は、コミットされたデータを読み取るときです。12 の重大度レベルが 605 エラーが発生した場合は、一時的な 605 エラーである可能性し、データベースの整合性の問題を示すものではありません。これは一時的な 605 エラーであることを確認するには、後でクエリを再実行します。

エラーが引き続き発生する場合は、トランザクションの分離レベルを READ COMMITTED に設定、NOLOCK ヒントを削除や 605 レベル 21 が発生しないことを確認してください。605 レベル 21 エラーは、データベースの破損を示します。605 レベル 21 エラーに発生する場合は、詳細は SQL Server Books Online を参照してくださいし、プライマリ サポート プロバイダーに問い合わせてください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:235880 - 最終更新日: 07/13/2011 17:30:00 - リビジョン: 6.0

  • kbinfo kbmt KB235880 KbMtja
フィードバック
did=1&t=">script" src="https://c.microsoft.com/ms.js"> amp;t=">rotocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");