Office 2000 セットアップを実行するとエラー メッセージ "エラー 1402. キーを開くことができません" が表示される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP236427
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
警告 : 以下の情報は暫定的なものであり、マイクロソフトによる確認もテストも行われていません。使用の際は十分な注意が必要です。
現象
Microsoft Office 2000 をインストールする際に、次のようなエラー メッセージが表示されます。
エラー 1402. キー <Keyname> を開くことができません。システム エラー 1009.

そのキーへの十分なアクセス権を持っているかどうかを確認するか、または、サポート担当者へお問い合わせください。
<Keyname> は、Office セットアップから Windows レジストリに書き込まれているキーの名前です。
原因
この問題は、次の条件に該当する場合に発生することがあります。
  • Microsoft Windows 95、Microsoft Windows 98、または Microsoft Windows Millennium Edition (Me) を実行している。
  • ユーザー プロファイルを有効にしている。
  • アクティブなプロファイルに問題がある。
回避策
この問題を回避するには、以下の手順を実行します。

方法 1 : レジストリの破損を確認する

Microsoft Windows Millennium Edition (Me) および Microsoft Windows 98 には、レジストリの破損をチェックし、必要に応じてレジストリのバックアップを復元できるレジストリ チェッカーというツールが含まれています。レジストリ チェッカーを使用してレジストリをチェックするには、使用しているオペレーティング システムに応じて以下の手順を実行します。

Windows Me の場合

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] を順にポイントし、[システム情報] をクリックします。
  2. [ツール] メニューの [レジストリ チェッカー] をクリックします。このとき、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    Windows はシステム レジストリにアクセス中にエラーが発生しました。コンピュータを再起動し、システム レジストリを修復してください。
    このエラー メッセージが表示された場合は、コンピュータを再起動します。

    このエラー メッセージが表示されない場合は、以下の手順を実行して、システム レジストリの内部データ構造を最適化して破損を修復できます。
    1. 実行中のプログラムをすべて終了します。
    2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに次の行を入力し、[OK] をクリックします。
      scanreg /fix
    3. [はい] をクリックしてコンピュータを再起動します。
  3. Office セットアップを実行します。
問題が解決しない場合は、方法 2 または方法 3 を試します。

Windows 98 の場合

  1. コンピュータを再起動します。Windows 98 の Startup Menu が表示されるまで Ctrl キーを押し続け、[Command prompt only] を選択します。
  2. コマンド プロンプトで scanreg /fix と入力し、Enter キーを押します。
  3. レジストリ チェッカー ツールによるレジストリの修復が完了したら、Enter キーを押します。
  4. コマンド プロンプトで scanreg /opt と入力し、Enter キーを押します。

    : /opt コマンド ライン スイッチを使用すると、レジストリ チェッカー ツールによって未使用の領域が削除され、レジストリが最適化されます。
  5. コンピュータを再起動します。
  6. Office セットアップを実行します。
問題が解決しない場合は、方法 2 または方法 3 を試します。

方法 2 : 別のプロファイルでセットアップを実行する

ログオンしているユーザーのプロファイルが破損している場合は、別のユーザー プロファイルでセットアップを実行することができる場合があります。別のプロファイルでログオンして Office をインストールするには、問題が発生したプロファイルを削除してから再作成することが必要な場合があります。この作業を実行せずに、そのプロファイルで再びログオンして Office をインストールしようとすると、同じ問題が発生する可能性があります。

既存のユーザー プロファイルを削除する方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
156826 ユーザー プロファイルを無効にする方法と削除する方法
: プロファイルが有効になっていて、ユーザーごとの [スタート] メニューを使用している場合、Windows 95 または Windows 98 に既存のプロファイルを持っているユーザーごとに、Office のセットアップを実行する必要があります。セットアップを実行する必要がないのは、コンピュータに既存のプロファイルを持っていないユーザーのみです。これらのユーザーが初めてログオンしたときに、デフォルトのユーザー プロファイルがそれぞれのユーザーのプロファイルにコピーされます。このデフォルトのユーザー プロファイルには、Office プログラムを起動するために必要なレジストリ情報およびショートカットがすべて含まれています。

ユーザー プロファイルが有効な状態で Office 2000 をインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
302846 Office プログラムの起動時にエラー メッセージ "アプリケーションをインストールする必要があります" が表示される
この方法で問題が解決しない場合は、方法 3 で説明する手順を試します。

方法 3 : セットアップを実行する前にユーザー プロファイルを無効にする

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。次に [パスワード] アイコンをダブルクリックします。
  2. [ユーザー別の設定] タブをクリックします。[このコンピュータでは、すべてのユーザーが同じ基本設定とデスクトップ設定を使う] をクリックします。
  3. [OK] をクリックします。コンピュータを再起動するように求めるメッセージが表示されたら、コンピュータを再起動します。
  4. Office 2000 をインストールします。Office のインストールが正常に完了した場合は、ユーザー プロファイルを再び有効にすることができます。
: ユーザー プロファイルを再び有効にした場合、Office プログラムの実行中に問題が発生することがあります。ユーザー プロファイルを有効にした後で、Office 2000 プログラムを実行する前に行う必要がある追加の手順を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
234017 Office プログラムのショートカットが表示されない
302846 Office プログラムの起動時にエラー メッセージ "アプリケーションをインストールする必要があります" が表示される
関連情報
Office セットアップで発生する特定のエラーのトラブルシューティング方法に関するその他の資料については、以下を参照してください。Office エラーのトラブルシューティング方法に関する一般的な情報が記載されているその他の資料については、以下を参照してください。
OFF2000 1402error disable corruption corrupted corrupt
プロパティ

文書番号:236427 - 最終更新日: 12/05/2015 15:09:08 - リビジョン: 2.3

Microsoft Office 2000 Premium, Microsoft Office 2000 Professional, Microsoft Office 2000 Standard, Microsoft Office 2000 Small Business Edition, Microsoft Office 2000 Developer, Microsoft Access 2000 Standard Edition, Microsoft Excel 2000 Standard Edition, Microsoft FrontPage 2000 Standard Edition, Microsoft Outlook 2000 Standard Edition, Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition, Microsoft Word 2000

  • kbnosurvey kbarchive kbtshoot kberrmsg kbprb kbsetup KB236427
フィードバック