HOMEPATH % と %HOMESHARE% 変数は正しく解決されています

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP236813
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:236813
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
フォルダーとサブフォルダーの DFS 共有にドライブをマップするのにには、Microsoft 分散ファイル システム (DFS) を使用できます。ホーム フォルダーを DFS 共有上の場合が %HOMEDRIVE% 変数は DFS ルートにのみと完全なパスにマップされます。Windows NT エクスプ ローラーでフォルダーを表示すると、この動作は顕著です。さらに、HOMEPATH % と %HOMESHARE% 変数が正しく解決されません。

たとえば、次のように \\Pkdfs\Dfs_root\Home\User1 DFS_root を \\Pkdfs 共有上の DFS ルートであり、ホーム フォルダーとします。
% が %HOMEDRIVE% (ドライブ Z など) が \\Pkdfs\Dfs_root にマップされています。
%HOMESHARE% に \\Pkdfs\Dfs_root が解決されます。
HOMEPATH % への \Home\User1 を解決します。
代わりに、% が %HOMEDRIVE%%%HOMESHARE % \\Pkdfs\Dfs_root\Home\User1 に解決する必要があります、HOMEPATH % に解決する必要があります、および。% が %HOMEDRIVE% (Z: する必要がありますマップする \\Pkdfs\Dfs_root\Home\User1。
解決方法

Windows NT

この問題を解決するには、Windows NT 4.0 または個別のソフトウェア更新プログラムの最新の service pack を入手します。最新の service pack の入手方法についてを参照してください。
  • 152734 windows nt 4.0 の最新の service pack を入手する方法
個々 のソフトウェア更新プログラムを取得する方法については、マイクロソフト製品サポート サービスに連絡してください。Microsoft 製品サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のアドレスに、World Wide Web 上で参照してください。

Windows 2000

それがない DFS 共有にある場合でも既定では、Windows 2000 が %HOMEDRIVE% 変数、ホーム フォルダーにマップします。この例が %HOMEDRIVE% 変数 \\Pkdfs\Dfs_root\Home\User1 の共有にマップされて、HOMEPATH 変数を解決する \。

Windows 2000 は、高度な共有の実装をサポートします。この機能を使用すると、適切なアクセス許可がある場合に、共有内のフォルダーに直接マップすることができます。ホーム フォルダーが \\server\ の場合共有\dir\dir2\%username% (場所 共有 ない DFS 共有)、% が %HOMEDRIVE% % 変数は \\server\share\dir1\dir2\%USERNAME% にマップされているし、HOMEPATH 変数を解決する。 既定では。

ホーム フォルダーを deep の共有機能をオフ (Windows NT 4.0 と同じ動作を保持する)、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) の Active Directory を使用できます。以下が手順例となります:
  1. Microsoft 管理コンソール (MMC) を起動します。
  2. クリックして、 追加と削除 スナップインで、し、選択 グループ ポリシー クリックします。ローカル コンピューター、リモート コンピューター、またはリモート コンピューターのセット: このポリシーを適用することができます。

  3. [ユーザーの構成 \ 管理用の Templates\System\Logon\Logoff フォルダーに移動します。
  4. ダブルクリック ホーム ディレクトリを共有のルートに接続します。.
  5. クリック 有効になっています。プロパティ ].
このポリシーを有効にするが %HOMEDRIVE% 変数は \\server\share\ にマップされているし、ない DFS 共有の共有である場合、HOMEPATH 変数に \dir1\dir2\%USERNAME% を解決します。

NT 4.0 ドメイン、Windows 2000 Server でこのポリシーを開くには、次をとおり
  • ツールバーのクリックで ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない、し、入力 gpedit.msc.
これは、ローカル セキュリティ ポリシーを開くときに表示されていないポリシーをユーザーとコンピューターの構成の両方を示すポリシーを開きます。

Windows NT Server 4.0 は、ターミナル サーバーのエディション

この問題を解決するには、Windows NT Server 4.0、Terminal Server Edition の最新の service pack を入手します。詳細については、の記事を表示するには、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
152734 Windows NT 4.0 の最新の Service Pack を入手する方法

状況
マイクロソフトでは、この Windows NT 4.0 および Windows NT Server 4.0、Terminal Server Edition の問題として認識しています。

この問題はまず Windows NT Server 4.0 Service Pack 6 と Windows NT Server 4.0 は、ターミナル サーバーのエディションの Service Pack 6 で修正されました。
4.00

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:236813 - 最終更新日: 12/05/2015 15:10:56 - リビジョン: 1.0

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbhotfixserver kbmt KB236813 KbMtja
フィードバック