Windows NT 4.0 SP6 は Windows NT カーネルを更新して将来のプロセッサをサポートする

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP238891
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Windows NT 4.0 カーネルは、現在、カーネルの使用を特定のプロセッサに限定する次の 2 つの制限を含んでいます。
  • リリースされなかった Pentium プロセッサのチェック。
  • 最大プロセッサ ファミリ数を 7 に制限するプロセッサビットの設定。
解決方法

Windows NT 4.0

この問題を解決するためのモジュールは、Windows NT 4.0 日本語版サービスパック 6a 以降に含まれております。Windows NT 4.0 日本語版の最新サービスパックについては、以下 Web サイトから入手できます。

Windows NT 4.0, Terminal Server Edition

この問題を解決するためのモジュールは、Windows NT 4.0 Terminal Server Edition 日本語版サービスパック 6 以降に含まれております。Windows NT 4.0 Terminal Server Edition 日本語版の最新サービスパックについては、以下 Web サイトから入手できます。
状況
弊社では、これが Windows NT Server 4.0、Terminal Server Edition にかかわる問題であることを確認済みです。

この問題は Windows NT Server 4.0 Service Pack 6 および Windows NT Server 4.0、Terminal Server Edition Service Pack 6 で解決済みです。
詳細
Microsoft Windows NT 4.0 Service Pack 6 を適用すると、これらのチェック ルーチンの両方が無効にされるため、Windows NT 4.0 は将来のプロセッサを容易にサポートすることができます。

この現象は、Intel ベースのコンピュータ用の Windows NT 4.0 カーネルの KiSetProcessorType() 関数が返すデータの処理に関連しています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 238891 (最終更新日 2000-10-18) を基に作成したものです。

executive
プロパティ

文書番号:238891 - 最終更新日: 01/23/2014 12:46:02 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Standard Edition
  • Microsoft Windows NT Workstation 4.0 Developer Edition
  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Enterprise Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbenv kbfix kbhw KB238891
フィードバック