Office Professional Plus 2010 アプリケーションを起動すると、"Unlicensed Product" というエラーが表示される

本資料の Microsoft Office 2013 バージョンについては、2899838 「Office 365 または Office 2013 の使用時に "ライセンスのない製品" またはエラー 0x80070005 が表示される」を参照してください。
現象
Microsoft Office Professional Plus 2010 アプリケーションを起動すると、多くの機能が無効化されています。この問題は、Office Professional Plus サブスクリプションの有効期限が切れ、ライセンスが無効となっている場合に発生します。

さらに、以下いずれかの現象が発生する場合があります。
  • Office Professional Plus 2010 アプリケーション内で、[ファイル]、[ヘルプ] の順にクリックすると、以下のエラー メッセージが表示される。

    "Product Activation required"
    (ライセンス認証が必要です)
  • Office Professional Plus 2010 アプリケーションのタイトル バーに、以下のメッセージが表示される。

    "Unlicensed Product"
    (ライセンスのない製品)
  • Office Professional Plus 2010 にサインインしてアクティブ化すると、以下のメッセージが表示される。
    "No Subscription Found"
    (サブスクリプションが見つかりません)
原因
この問題は、Office Professional Plus 2010 のライセンスが無効な場合に発生します。
解決方法
この問題を解決するには、必要に応じて次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: Microsoft Online ポータルで、問題のユーザーに Office Professional Plus ライセンスが割り当てられているかどうかを確認する


  1. Office 365 ポータルに管理者としてサインインします。
  2. [Office 365 管理の概要] セクションの [ユーザー] をクリックします。
  3. 問題が発生しているユーザーを選択します。
  4. [ライセンスの割り当て] で Office Professional Plus が選択されているかどうかを確認します。

方法 2: Office 365 の組織 ID を使用して Office を再アクティブ化する

本事象を解決するには、「Here's an easy fix」セクションを参照してください。本事象を手動で修正することを希望する場合は、「Let me fix it myself」セクションを参照してください。

Here's an easy fix

本事象を自動的に解決するには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。"File Download" ダイアログ ボックスで [実行] または [保存] をクリックし、easy fix ウィザードの手順に従ってください。
  • 本ウィザードは英文のみです。ただし、自動的な修正は、その他の言語バージョンの Windows でも動作します。
  • 事象が発生しているのが別のコンピューターである場合は、easy fix のファイルをフラッシュ ドライブまたは CD に保存し、事象が発生しているコンピューターで実行してください。

Let me fix it myself

Easy fix 51006
  1. コンピューターにインストールされている Office 2010 が、32 ビット版または 64 ビット版のどちらであるかを確認します。任意の Office 2010 プログラムを開き、[ファイル]、[ヘルプ] を順にクリックします。Office バージョンは [バージョン番号] の横に表示されます。
  2. すべての Office 2010 プログラムを閉じます。
  3. [スタート] をクリックし、[検索] に「cmd」と入力した後 Enter キーを押下します。
  4. コマンド プロンプトに以下いずれかのコマンドを入力し、Enter キーを押下します。
    • 64 ビット版 Windows + 32 ビット版 Office の場合。
      "%ProgramFiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\OFFICE14\OSAUI.exe" /F
    • 32 ビット版 Windows、または 64 ビット版 Office + 64 版 Windows の場合。
      "%ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\OFFICE14\OSAUI.exe" /F

方法 3: システム クロックの設定を確認する

  1. システムの日付と時刻が正しく設定されていることを確認します。ガイドラインとして Official U.S. Time (英語) を使用し、システム クロックが正しいことを確認します。
  2. タイムゾーンが正しく設定されていることを確認します。
  3. 夏時間設定が正しく構成されていることを確認します。
  4. [スタート] をクリックし、[検索] に「cmd」と入力した後 Enter キーを押下します。
  5. コマンド プロンプトで、次のいずれかのコマンドを入力し、Enter キーを押下します。
    • 64 ビット版 Windows + 32 ビット版 Office の場合。
      "%ProgramFiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\OFFICE14\OSAUI.exe" /K
    • 32 ビット版 Windows、または 64 ビット版 Office + 64 ビット版 Windows の場合。
      "%ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\OFFICE14\OSAUI.exe" /K

方法 4: Office 2010 を再インストールする

  1. 「Office 2010 をアンインストールまたは削除する」の「簡単な解決策のツールを使用して自動的に Office 2010 をアンインストールします。」セクションに記載の Microsoft easy fix (簡単な解決策のツール) を使用し、Office 2010 をアンインストールします。 
  2. easy fix によるアンインストール完了後、Microsoft Online ポータルにサインインし、Office 2010 を再インストールします。
その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2390460 - 最終更新日: 04/04/2016 07:51:00 - リビジョン: 24.0

Office Professional Plus Subscription, Microsoft Office Professional Plus 2010

  • o365 o365e o365p o365a kbfixme kbmsifixme o365m KB2390460
フィードバック