Windows® SteadyState™ の提供終了

概要
Microsoft Windows® SteadyState™ の提供は 2010 年 12 月 31 日をもって終了となります。Windows SteadyState のサポートについては、2011 年 6 月 30 日まで提供いたします。

Windows SteadyState は、学校のコンピュータ室やインターネット カフェ、図書館、または家庭にある複数のコンピュータを、それらが不特定多数の使用者によって頻繁に使用されるような環境においても、思いどおりの状態に維持できるよう手助けします。
詳細情報
共有コンピュータとは、学校、インターネット カフェ、図書館、またはコミュニティ センターなど、公共の場で使用されるコンピュータのことです。施設のオーナー、教師、技術者以外のスタッフなどが、本来の職務以外に共有コンピュータを管理しなければならないことがよくあります。

共有コンピュータの管理は、技術的にも難しく、時間とコストがかかる場合があります。また、コンピュータを制限し、保護しておかなければ、ユーザーが誤ってデスクトップの構成やシステム設定を変更したり、望ましくないソフトウェアやウイルス、または害を及ぼすプログラムをインストールしてしまう恐れがあります。損傷を受けた共有コンピュータの修理には、非常に多くの時間がかかる可能性があります。

また、ユーザーのプライバシーの保護も共有コンピュータの環境における問題の 1 つとなっています。共有コンピュータでは、ユーザー アカウントを共有することがよくあるため、アカウントで保存されるインターネット履歴、文書、Web ページのキャッシュが、その後そのアカウントを使用するユーザーに見られてしまう可能性があります。

Windows SteadyState は、信頼されないユーザーによるシステムへの変更や望ましくないソフトウェアのインストールから共有コンピュータをより効果的に保護する目的で開発されました。また、Windows SteadyState はシステム リソースの保護にも役立ちます。

Windows SteadyState のダウンロード形式による提供は 2010 年 12 月 31 日をもって終了となります。Windows SteadyState のサポートについては、引き続き 2011 年 6 月 30 日まで提供いたします。

2011 年 7 月 1 日以降のサポートは、この記事の「関連リソース」セクションに記載されているリソースに限って提供されます。

Windows SteadyState の機能

Windows SteadyState には、以下の共有コンピュータの管理機能が含まれています。

·        はじめに- 初めて Windows SteadyState を使用する際に必要な手順が示されます。

·        Windows ディスク保護 – Windows のパーティション (Windows オペレーティング システムおよびその他のプログラムが含まれる場所) が、管理者の許可なしに変更されないように保護されます。Windows SteadyState の Windows ディスク保護の設定では、コンピュータの再起動時にすべての変更点を削除する、特定の日時に変更点を削除する、または変更点を全く削除しない設定のいずれかを選択することができます。Windows ディスク保護を使用して変更点を削除するように設定した場合は、共有コンピュータにログオンしたユーザーが行った変更点はすべて、次の再起動時に削除されます。

·        ユーザー制限 - ユーザー制限の設定により、ユーザー エクスペリエンスを向上し、簡素化することができます。プログラム、設定、スタート メニューのアイテム、および Windows のオプションへのユーザーによるアクセスを制限します。また、共有のユーザー アカウントをロックし、別のセッションでの変更が取得されるのを防ぐことができます。

·        ユーザーアカウントマネージャ - ユーザー アカウントを作成、削除します。Windows SteadyState を使用して、別のドライブにユーザー アカウントを作成し、Windows ディスク保護が有効に設定されているときでもユーザーのデータおよび設定を保持することが可能です。また、コンピュータ間でユーザー設定をインポートおよびエクスポートできるため、貴重な時間とリソースを節約できます。

·        コンピュータの制限 - セキュリティやプライバシーの設定を制御したり、ユーザーが C ドライブにフォルダを作成または保存したり、Internet Explorer® から Microsoft Office 文書を開くことを禁止するように設定できます。

·        ソフトウェア更新のスケジュール –管理者および共有ユーザーの都合が良いときに、最新のソフトウェア更新プログラムおよびセキュリティ更新プログラムで共有コンピュータを更新します。


必要システム

サポートされているオペレーティング システム : Windows Vista; Windows XP

Windows XP Professional, Windows XP Home Edition, Windows XP Tablet PC Edition with Windows XP Service Pack 2 (SP2) installed or Service Pack 3 installed, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Business, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Starter, or Windows Vista with Service Pack 1

関連リソース

次のリソースは 2011 年 7 月 1 日以降もご利用になれます。

·        Windows SteadyState Readme ファイル

·        Windows SteadyState 質問する

·        Windows SteadyState のテクニカル FAQ

·        Windows SteadyState ハンドブック
SteadyState

フェーズ

段階的に

sunset

中止

コンピューター室

ライブラリ

cafe

学校

共有
Proprietà

ID articolo: 2390706 - Ultima revisione: 09/17/2010 19:28:00 - Revisione: 2.0

Windows SteadyState

  • KB2390706
Feedback