現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 365 Exchange Online メールボックスに Exchange 自動検出を使用して新規プロファイルを構成できない

現象
Microsoft Outlook のアカウントの追加ウィザードを使用して Microsoft Office 365 の新規電子メール アカウントを設定しようとすると、Outlook プロファイルが自動設定されません。また、Outlook においてユーザー プロファイルをサーバーで設定する際に、以下のエラー メッセージが表示されます。
"An encrypted connection to your mail services is not available”

(メール サーバーに対して、暗号化された接続を使用できません。)
Microsoft リモート接続アナライザーを使用してテストを実行すると、以下のエラー メッセージが表示されます。
“Autodiscover cannot process the given e-mail address. Only mailboxes and contacts are allowed.”

(指定された電子メール アドレスを処理できません。メールボックスおよび連絡先のみが許可されます。)

原因
この問題は、次のいずれかに該当する場合に発生します。
  • Outlook のアカウントの追加ウィザードの [自動アカウント セットアップ] ページで入力した電子メール アドレスに誤りがある。
  • 使用している Outlook のバージョンで、Exchange Online への自動接続に必要なすべての更新プログラムがインストールされていない。 
  • ドメインの自動検出 CNAME レコードが設定されていない、または誤って設定されている。
  • Active Directory 同期を使用する組織で、同期対象ユーザーに対し、属性値 (mail、mailNickname、displayName、proxyAddresses) がオンプレミス Active Directory で正常に設定されていない。
注: 本資料には、Outlook 2016、Outlook 2013、Exchange Online についての情報が記載されています。モバイル デバイスから Exchange Online に接続する際には、「Office 365 モバイルのセットアップ - ヘルプ」を参照してください。Outlook をサードパーティのサービスに接続する際には、各サードパーティの電子メール プロバイダーに連絡してください。
解決方法

推奨手順

方法 1: Office 365 Support and Recovery Assistant を実行する

Office 365 Support and Recovery Assistant をインストールし、実行してください。詳細については、https://portal.office.com/support/help.aspx?sid=sara#/ を参照してください。

追加手順


独自ドメインを使用している場合

方法 1 で問題が解決せず、また Office 365 で独自ドメインを使用している場合は、以下の方法を記載されているとおりの順番で実施してください。問題が解決しない場合は、次の方法に進んでください。

方法 2: Outlook を最新バージョンにアップグレードする

最初に Outlook のアカウントの追加ウィザードの [自動アカウントセットアップ] ページに正しい電子メール アドレスとパスワードが入力されていることを確認します。

Outlook 2010 またはそれ以前のバージョンを使用している場合は、Outlook を最新バージョンにアップグレードしてください。詳細については、「一般法人向け Office 365 を使って PC に Office をダウンロードしてインストールする」を参照してください。

Office 365 用に Outlook を設定する方法の詳細については、以下の Microsoft Web サイトを参照してください。 注: 上記の方法で問題が解決しない場合は、方法 3 へ進んでください。

方法 3: 自動検出 CNAME レコードが正しく設定されていることを確認する

Outlook が動作するには、Exchange 自動検出 CNAME レコードが適切に設定されている必要があります。Outlook を使用して Exchange Online メールボックスに接続する際は、Exchange 自動検出を設定することが推奨されます。Exchange Online で Outlook へ接続するには、自動検出およびその他の DNS レコードが適切に設定されている必要があります。 管理者は、Office 365 のドメイン トラブルシューティング ウィザードまたは Microsoft リモート接続アナライザーを使用して、レコードが正しく設定されていることを確認できます。 
Office 365 ドメイン トラブルシューティング ウィザード
以下の手順に従い、Office 365 でドメイン トラブルシューティング ウィザードにアクセスします。
  1. 管理者アカウントで Office 365 ポータル (https://portal.office.com) にサインインします。
  2. [管理者] をクリックし、Office 365 管理センターを開きます。
  3. 左側のペインで [ドメイン] をクリックし、問題の影響を受けているユーザーが使用しているドメイン名を選択し、[Troubleshooting] をクリックしてウィザードを開始します。
Microsoft リモート接続アナライザー
以下の手順に従い、Microsoft リモート接続アナライザーを使用して、Exchange 自動検出が正常に動作しているかどうかを確認します。 
  1. Web ブラウザーで、Microsoft リモート接続アナライザー (https://www.testconnectivity.microsoft.com/?testid=O365EasAutoDiscover) を開きます。 
  2. 必須項目をすべて入力して、[テストの実行] をクリックします。

    リモート接続アナライザーの入力画面
  3. テストが完了したら、テストが正常に行われたことを確認します。
    • テストが正常に実施される場合、自動検出は正常に動作しています。
    • テストに失敗した場合は、自動検出サービスが正しく設定されていることを確認します。詳細については、以下の資料を参照してください。
     

方法 4: Active Directory のユーザー属性値が正しく設定されていることを確認する

Get-RemoteMailbox コマンドレットを使用すると、ユーザーに対して以下の属性値が正しく設定されているかを確認できます。以下の属性値が 1 つ以上正しく設定されていない場合は、共通した問題が発生します。以下の表は、正しい属性値例の一覧です。
属性値
primarySMTPAddressted@contoso.com
aliasted
displayNameTed Bremer
emailAddressesSMTP: ted@contoso.com X400:c=us;a= ;p=First Organizati;o=Exchange;s=Bremer;g=Ted
remoteRoutingAddressted@contoso.mail.onmicrosoft.com
上記の属性を更新するには、Set-RemoteMailbox コマンドレットを使用できます。

上記属性値を正しい値に設定した後、ディレクトリ同期を強制的に実行し、Outlook でユーザーの電子メール アカウントを設定してください。

独自ドメインを使用していない場合

方法 2: Outlook でアカウントの追加ウィザードを使用する

方法 1 で問題が解決されず、Office 365 で独自ドメインを使用していない場合は、Outlook でアカウントの追加ウィザードを使用し、Office 365 サインアップ時に Exchange Online メールボックスに紐付けた既定の電子メール アドレス (onmicrosoft.com) を使用して、Outlook プロファイルを設定できます。アカウントの追加ウィザードを使用して新たな電子メール プロファイルを設定する際、<ユーザー>@<ドメイン>.onmicrosoft.com の形式で既定の Office 365 電子メール アドレス (例: kim@contoso.onmicrosoft.com) および Office 365 パスワードを入力します。

この方法は、独自ドメインの使用を計画していないお客様を対象とした場合の、推奨方法です。また、この方法では自動検出もサポートされており、メールボックス サーバーの場所を変更した場合は、メールボックス サーバーの場所とともに Outlook プロファイルも更新されます。


追加情報
マイクロソフトでは、Office 365 Exchange Online メールボックスへの接続用に、Outlook のプロファイルを手動で設定することはサポートしていません。ただし、DNS レコードや自動検出レコードの設定 (「方法 2」を参照してください) については、この設定によりサポート範囲内でアカウントをセットアップできるため、サポートしています。
参考資料
この問題を解決するには、「Outlook と Office 365 を接続できない場合の問題解決」を参照してください。

詳細については、以下の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。
  • 977968: ユーザーは Outlook Anywhere を使用して Exchange Server 2010 に移動された共有されているメールボックスを表示することはできません。
  • 2555008: オンプレミス Exchange Server および Office 365 Exchange Online のハイブリッド展開で発生する空き時間情報に関する問題のトラブルシューティング方法
その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2404385 - 最終更新日: 04/18/2016 08:24:00 - リビジョン: 29.0

Microsoft Exchange Online

  • o365 o365e o365a o365p o365022013 o365m gwt guided walk through kbtshoot kbgraphic kbgraphxlink KB2404385
フィードバック