Exchange Server 2010 DAG 環境で、[この接続のアドレスを DNS に登録する] を無効にすると、IPv4 アドレス リソースがオフラインになり通信できない

現象
Microsoft Exchange Server 2010 Database Availability Group (DAG) 環境のネットワーク アダプタの設定で、[この接続のアドレスを DNS に登録する] を無効にすると、IPv4 アドレス リソースがオフラインになり通信ができません。
原因
DAG に割り当てる IP アドレスは、ネットワーク アダプタの設定で [この接続のアドレスを DNS に登録する] が有効であるネットワークアダプタで構成されている必要があります。
ネットワークアダプタの設定で [この接続のアドレスを DNS に登録する] が無効である場合に、Exchange Server 2010 はクラスタ ネットワークを以下のように設定します。

  • クラスタにこのネットワークの使用を許可する : 有効
  • クライアントにこのネットワーク接続を許可する : 無効

補足: フェールオーバークラスター マネージャーでは、クラスタ ネットワークは [クラスターの使用] が "内部" として表示されます。
この設定で、ホストサーバーを再起動すると、別のノードにホスト サーバーが変更されて、IPv4 アドレス リソースがオンラインにできない現象が発生します。
回避策
[この接続のアドレスを DNS に登録する] が有効なネットワーク アダプタが存在しない場合や、既に設定済みのオンラインにならない IP アドレスを使用する場合には、以下の手順を実行します。
  1. Exchange Server 2010 の [ネットワーク接続] を開きます。
  2. ネットワークアダプタの [プロパティ] をクリックします。
  3. プロパティ画面の [インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)] をクリックし、[プロパティ] ボタンをクリックします。
  4. [インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)] 画面の [詳細設定] ボタンをクリックします。
  5. [DNS] タブをクリックし、[この接続のアドレスを DNS に登録する] チェック ボックスがオフになっている場合はオンにします。
  6. すべての DAG メンバー サーバーのネットワーク アダプタのプロパティで手順 1 - 5 を実行します。
  7. Exchange 管理シェルを実行します。

    Set-DatabaseAvailabilityGroupNetwork -Identity <DAG 名>\<DAGNetwork名>

    例)
     Set-DatabaseAvailabilityGroupNetwork -Identity "DAG01\DAGNetwork01"
  8. フェールオーバークラスター マネージャーで、該当クラスタ ネットワークの [クラスターの使用] が "内部" から "有効" に変更されていることを確認します。
  9. IPv4 アドレス リソースをオンラインにします。

補足:
[この接続のアドレスを DNS に登録する] が有効なネットワーク アダプタが別途存在する場合には、DAG に割り当てる IP アドレスを [この接続のアドレスを DNS に登録する] が有効なネットワーク アダプタで利用可能な IP アドレスに変更することでも回避できます。

  1. Exchange 管理コンソールを起動します。
  2. [組織の構成] - [メールボックス] を開き、[データベース可用性グループ] タブに移動します。
  3. 該当の DAG のプロパティを開き、[IP アドレス] タブに移動します。
  4. [クライアントにこのネットワーク経由の接続を許可する] が有効であるネットワーク アダプタで利用可能な IP アドレスを設定します。


詳細

問題の再現手順

  1. Exchange Server 2010 の [ネットワーク接続] を開きます。
  2. ネットワークアダプタのプロパティを開きます。
  3. [インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)] のプロパティを開きます。
  4. [詳細設定] をクリックします。
  5. [DNS] タブをクリックし、[この接続のアドレスを DNS に登録する] を無効に設定します。
    補足: IPv6 が有効な場合には、[インターネット プロトコル バージョン 6 (TCP/IPv6)] も [この接続のアドレスを DNS に登録する] を無効に設定します。
  6. Exchange 管理シェルを実行します。

    Set-DatabaseAvailabilityGroupNetwork -Identity <DAG 名>\<DAGNetwork名>

    例)
    Set-DatabaseAvailabilityGroupNetwork -Identity "DAG01\DAGNetwork01"
  7. ホスト サーバーを再起動します。

結果

IPv4 アドレス リソースをオンラインにできません。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2409397 - 最終更新日: 09/20/2016 09:37:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard

  • kbharmony kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbtshoot kbprb KB2409397
フィードバック