現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[XL] [数式] の表示オプションが設定されていると、日付と時刻がシリアル値で表示される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP241072
現象
Microsoft Excel で、日付と時刻が、数式バーでは設定された書式で表示されますが、セルではシリアル値で表示されます。
原因
この問題が発生するのは、ワークシートが値ではなく数式を表示するように設定されている場合です。
解決方法
ワークシートのセルに、設定された書式で日付と時刻を表示するには、以下の手順を実行します。
  1. [ツール] メニューの [オプション] (Macintosh では [ツール] メニューの [初期設定]) をクリックします。
  2. [表示] タブの [数式] チェック ボックス (Macintosh では [ウィンドウ オプション] の [数式] チェック ボックス) をオフにし、[OK] をクリックします。
詳細
[数式] チェック ボックスは、ワークシートのセルに数式バーと同じように数式を表示する際に使用します。

Microsoft Excel による日付と時刻データの保存方法

Microsoft Excel では、日付はシリアル値として連続番号で格納され、時刻は一日の一部として小数値で格納されます。日付と時刻は数値と見なされるため、加算や減算などの計算を行うことができます。たとえば、日付を他の日付から引いて 2 つの日付の差を計算することができます。日付をシリアル値として表示したり、時刻を小数値として表示したりするには、セルの表示形式を [標準] 表示形式に変更します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 241072 (最終更新日 2002-09-11) をもとに作成したものです。

XL2000 XL2001 XL97 XL98
プロパティ

文書番号:241072 - 最終更新日: 08/25/2005 15:23:34 - リビジョン: 3.3

  • Microsoft Excel 2000 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2002 Standard Edition
  • Microsoft Excel 97 Standard Edition
  • Microsoft Excel 95 Standard Edition
  • Microsoft Excel 2001 for Mac
  • Microsoft Excel 98 for Macintosh
  • Microsoft Excel 5.0 for Macintosh
  • Microsoft Excel 5.0a for Macintosh
  • kbdta kbdtacode kbprb kbvba KB241072
フィードバック