現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

IntelliMirror を使って ActiveX コントロールを公開する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP241163
概要
ここでは、Windows 2000 の IntelliMirror ソフトウェア インストールとメンテナンスのテクノロジを使用して、ActiveX コントロールを公開する方法について説明します。
詳細
Windows 2000 を新規にインストールした場合、つまり Microsoft Windows NT 4.0 または Microsoft Windows 98 からアップグレードしなかった場合、デフォルトの Users グループのメンバは、Downloaded Program Files フォルダへの書き込み権限がないために ActiveX コントロールをダウンロードできません。ただし、管理者は Windows 2000 の IntelliMirror 技術を使用して、特定の ActiveX コントロールのダウンロードを可能にすることができます。

IntelliMirror を使った ActiveX コントロールの公開方法は、プログラムの公開方法と似ています。ただし、次の条件を満たす必要があります。
  • コントロールが Microsoft インストーラ パッケージ (.msi ファイル) に格納されていること。
  • その Microsoft インストーラ パッケージが Active Directory に公開されていること。
  • コントロールのダウンロードを許可するコンピュータのレジストリに次の値を追加すること。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\UseCoInstall
    値の種類は任意です。また、任意のデータを含めることができ、データを含めなくてもかまいません。
Windows 2000 クライアントから、ダウンロードされていない ActiveX コントロールがある Web サイトにアクセスすると、上のレジストリの値がチェックされます。この値が存在する場合は、Active Directory がチェックされ、ActiveX コントロールが公開されているかどうかが判定されます。公開されている場合、そのコントロールはダウンロードされ、Windows インストーラを使ってインストールされます。コントロールが公開されていない場合は、現在のユーザーがコントロールをダウンロードして実行する適切なアクセス権を持っているかどうかを Internet Explorer が判断します。ユーザーが適切なアクセス権を持っている場合は、コントロールがダウンロードされ、実行されます。ユーザーが適切なアクセス権を持っていない場合は、Web ページでそのコントロールが表示される場所に、赤い × マークが表示されます。

関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 241163 (最終更新日 1999-12-29) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:241163 - 最終更新日: 03/31/2004 20:12:00 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Windows 2000 Professional Edition
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbinfo kbtool KB241163
フィードバック