現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールでスクリプトを実行できない

現象
Windows PowerShell 用 Microsoft Azure Active Directory モジュールでスクリプトを実行すると、以下いずれかのエラー メッセージが表示されます。

The file C:\my_script.ps1 cannot be loaded. The execution of scripts is disabled on this system. Please see "Get-Help about_signing" for more details.
(参考訳:スクリプトの実行がシステムで無効になっているため、ファイル C:\my_script.ps1 を読み込めません。詳細については、「Get-Help about_signing」と入力してヘルプを参照してください。)

File C:\Desktop\myscript.ps1 cannot be loaded because running scripts is disabled on this system. For more information, see about_Execution_Policies at http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170.
(参考訳: スクリプトの実行がシステムで無効になっているため、ファイル C:\Desktop\myscript.ps1 を読み込めません。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170 で about_Execution_Policies を参照してください。)

File C:\my_script.ps1 cannot be loaded. The file C:\my_script.ps1 is not digitally signed. The script will not execute on the system. For more information, see about_Execution_Policies at http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170.
(参考訳: デジタル署名されていないため、ファイル C:\my_script.ps1 を読み込めません。詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=135170 で「about_Execution_Policies」を参照してください。)
原因
この問題は、実行ポリシーが [Restricted] (制限あり) に設定されている場合に生じることがあります。ポリシーの多くが制約されている場合は、特定の Windows PowerShell コマンドレットは実行できません。
解決方法
この問題を解決するには、以下の手順に従ってください。
  1. Windows PowerShell 用 Azure Active Directory モジュールを管理者として実行します。これを行うには、[スタート] から [すべてのプログラム]、[Microsoft Online Services] を順にクリックし、[Windows PowerShell 用 Windows Azure Active Directory モジュール] を右クリックして [管理者として実行] をクリックします。
  2. 実行ポリシーを [Unrestricted] に設定します。以下のコマンドレットを入力して、Enter キーを押します。
    Set-ExecutionPolicy Unrestricted
  3. 希望の Windows PowerShell コマンドを実行します。
  4. 実行ポリシーを [Restricted] に設定します。以下のコマンドレットを入力してから、Enter キーを押します。
    Set-ExecutionPolicy Restricted
詳細
より安全なコマンドラインの管理操作をアシストするために、Windows PowerShellでは「実行ポリシー」を使用して、Windows PowerShell の使用方法を管理します。実行ポリシーでは、Windows PowerShell が実行と構成をするために、ファイルを読み込む際の制約を定義します。既定では、Windows PowerShell は、[Restricted] のモードによりポリシーを実行します。このモードは、インタラクティブなシェルのみとして Windows PowerShellが操作をするモードで、最も安全であると考えられています。

4 つの実行ポリシーは、以下のとおりです。
  • Restricted (制限あり) は、既定の実行ポリシーです。このポリシーは、スクリプトが実行禁止であり、インタラクティブに限定されています。
  • AllSigned (署名されたすべてのスクリプトおよび構成ファイル) ポリシーは、スクリプトを実行します。すべてのスクリプトと構成ファイルは信頼のある出版元によって署名される必要があります。このポリシーは、信頼のおける出版元と確認をした後に、署名済みではあるが、悪意あるスクリプトを実行するというリスクを伴います。
  • RemoteSigned (遠隔で署名されたもの) ポリシーは、スクリプトを実行します。コミュニケーション アプリケーション (例: Microsoft Outlook、Windows Internet Explorer、Microsoft Outlook Express、Windows Messenge) からダウンロードされたすべてのスクリプトと構成ファイルは、信頼のある出版元によって署名される必要があります。このポリシーは、このようなアプリケーションからダウンロードされていない悪意あるスクリプトを実行するというリスクを伴います。警告メッセージも表示されません。
  • Unrestricted (制限なし) ポリシーは、スクリプトを実行します。インターネットからのファイルであることをユーザーが認識した後に、コミュニケーション アプリケーション (例: Microsoft Outlook、Windows Internet Explorer、Microsoft Outlook Express、Windows Messenger) からダウンロードされたすべてのスクリプトと構成ファイルは実行されます。デジタル署名を必要としません。このポリシーは、このようなアプリケーションからダウンロードされた署名のない悪意あるスクリプトを実行するというリスクを伴います。
その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。または、Azure Active Directory フォーラム Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2411920 - 最終更新日: 12/18/2014 09:15:00 - リビジョン: 13.0

Microsoft Azure Active Directory, Microsoft Azure cloud services, Microsoft Azure Recovery Services, Microsoft Intune, Microsoft Office 365, CRM Online via Office 365 E Plans, Office 365 User and Domain Management, Office 365 Identity Management

  • o365 o365a o365e o365p o365022013 o365m KB2411920
フィードバック