現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Userdump.exe ツールを使用してダンプ ファイルを作成する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:241215
概要
Userdump.exe ツールを使用するには、例外をシャット ダウンするかが (ハング) を応答を停止するプロセスのユーザー ダンプを生成します。
詳細

例外が発生、プロセスがシャット ダウンのダンプ (.dmp) ファイルを作成するには

  1. お使いのプロセッサーの Setup.exe プログラムを実行します。

    • 既定では、このSetup.exeプログラムは、C:\kktools\userdump8.1\Architecture フォルダーには、Userdump.exe ツールに付属です。
    • この Setup.exe programinstalls、カーネル モードのドライバーをインストール、Userdump.sys ファイルをコントロール パネルで、プロセス ダンプのアイコンを作成.
    • ない場合は、特定のニーズ、Setup.exe プログラムを実行すると、「プロセスの終了時にダンプ」機能を無効にします。
  2. コントロール パネルで、 ProcessDumpをダブルクリックします。
  3. 例外監視タブで [新規] をクリックし、モニター ] ボックスの一覧に適切なプログラム名を追加し、[OK] をクリックします。たとえば、Lsass.exe、Winlogon.exe Mtx.exe、orDllhost.exe などのプログラムの名前を追加します。
  4. モニターでは、手順 3 で追加したプログラムを [ルール] をクリックします。
  5. カスタム ルールを選択するには、型 oferror、カスタム ルールの一覧で、手順 3 で追加したプログラムを実行することを選択を [ OK] をクリックします。

    たとえば、 violation(c0000005) のアクセスエラーの種類を選択します。
監視対象のプログラムが、アクセス違反エラー メッセージ、Userdump.exe ツールが起動と、Userdump.exe ツールでダンプ (.dmp) ファイルを作成し、% システム ルート % フォルダーです。この .dmp ファイルを分析することで、Winlogon のアクセス違反のエラー メッセージの原因を isolatethe することができます。

切断プロセスのダンプ ファイルを作成するには

  1. お使いのプロセッサーの Setup.exe プログラムを実行します。

    • 既定では、このSetup.exeプログラムは、C:\kktools\userdump8.1\architecture フォルダーには、Userdump.exe ツールに付属です。
    • この Setup.exe programinstalls、カーネル モードのドライバーをインストール、Userdump.sys ファイルをコントロール パネルで、プロセス ダンプのアイコンを作成.
    • ない場合は、特定のニーズ、Setup.exe プログラムを実行すると、「プロセスの終了時にダンプ」機能を無効にします。
  2. プログラムが応答を停止すると、コマンド プロンプトでは、プロセッサの Userdump.exe のバージョンに移動してし、次のコマンドを入力します。
    userdump PID
    注: <b>このコマンドで、 PID プロセス ID (PID) が応答を停止したプログラムのプレース ホルダーです。正当、PID、プログラムのタスク マネージャーを開いて [プロセス] タブをクリックし.
実行すると、 userdump PID コマンド、.dmp ファイルが生成されます。Performpost エラーの発生は、Windbg.exe ツールなどのプログラムをデバッグするにはこのダンプ ファイルを使用することができます。

Userdump.exe ツールをインストールするセットアップを実行する場合は、いくつかの追加機能が有効になります。Userdump.exe ツールのこれらの追加機能は、Userdump.exe ツールに付属しているなりますファイルに詳しく説明します。これらの追加機能は次のとおりです。
  • 自己のプロセスをダンプします。そのプログラムが特定の種類のエラーは、例外ハンドラー ブロックや最上位の未処理の例外フィルターなどを検出すると、特定のプログラムには、ダンプ ファイルが自動的に作成するのには、Userdump.exe ツールを構成できます。
  • ホット キー プロセスのスナップショットです。ダンプ ファイルを作成するには、Userdump.exe ツールを起動するのには、バイナリ イメージの singlekeystroke を関連付けることができます。
  • 例外を監視します。Userdump.exe の例外にすることができます monitorprograms ツールし、特定の例外が発生すると generatedump ファイルを自動的にします。例外の Process Dump ユーティリティを使用して各プログラムのダンプ ファイルをトリガーするかどうかを構成できます。プロセス ダンプ ユーティリティはコントロール パネルからアクセスできます。
関連情報
バージョン 8.1 の Userdump.exe ツールとドキュメントをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報 を参照してください。
258833 MTS または COM + プロセスの高い CPU の使用率をトラブルシューティングする方法
最新 Windows 用デバッグ ツール (32 ビット版) をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:241215 - 最終更新日: 09/26/2014 01:03:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition

  • kbhowto kbmt KB241215 KbMtja
フィードバック