MSMQ ActiveX コンポーネントでメッセージ受信時にエラーが発生

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP241749
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
MSMQ ActiveX コンポーネントを使用する Microsoft メッセージ キュー (MSMQ) アプリケーションで、メッセージの受信時に次のエラーが発生して失敗することがあります。
0xC00E002B:MQ_ERROR_SENDER_CERT_BUFFER_TOO_SMALL
原因
MSMQ ActiveX コンポーネントでは、受信する外部証明書のサイズが 4096 バイトに制限されています。実際には、外部証明書が 4096 バイトを超える場合もあります。
解決方法

Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition

この問題を解決するには、Windows NT Server 4.0, Terminal Server Edition の最新の Service Pack を入手してください。関連情報については、次の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
152734 How to Obtain the Latest Windows NT 4.0 Service Pack

Service Pack を適用すると、ActiveX コンポーネントの Receive メソッドにより、MQReceiveMessage のリターン コードがチェックされるようになります。そのため、最初に割り当てられたサイズよりも大きい外部証明書でも扱えるようにバッファの再割り当てを行ってから、呼び出し元に制御が返されます。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題は、Windows NT Server version 4.0, Terminal Server Edition Service Pack 6 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 241749 (最終更新日 2001-08-08) をもとに作成したものです。

MSMQ Receive error
プロパティ

文書番号:241749 - 最終更新日: 02/23/2014 13:53:24 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Windows NT Server 4.0 Terminal Server
  • Microsoft Message Queue Server 1.0
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbmsmq100fix kbwinnt4sp6fix kbmsmq100bug KB241749
フィードバック