[XADM] インフォメーション ストアが 4294966277 のオフライン最適化の後に起動しません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

242364
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
オフラインで最適化 ( eseutil/d コマンド) を実行した後、インフォメーション ストアは起動しませんし、エラー メッセージ 4294966277 を返します。

以下のイベントが、アプリケーション イベント ログにログ出力されます:
イベント ID: 0
ソース: ESE97
種類: エラー
分類: ログ/回復
説明: MSExchangeIS ((451)) -1019年

イベント ID: 1120年
ソース : MSExchangeIS
種類: エラー
カテゴリ: 全般
説明: エラー 0xfffffc05 が Microsoft Exchange Server インフォメーション ストア データベースを初期化します。
(このファイル名最適化] で、/t スイッチを使用する場合は、異なるあります)、Tempdfrg.edb ファイル中に作成する最適化がドライブにも、通常の最適化は、それを削除します。
原因
情報ストア最適化には、元の場所に、一時 (最適化) ファイルからデータベースのコピー完了しません。 データベースは破損していると使用できなくなるためです。 4294966277、エラー メッセージは、データベース内のページが空白か、正しく初期化されていないことを意味する JET_errPageNotInitialized エラーです。
解決方法
オフライン最適化は、コピーを完了できません、一時データベースは削除されません。 一時データベースが、そのまま、正常に最適化済みデータベースの場合は、正しいロケーションに手動でコピーできます。

場合はのみ 1 つのデータベースを最適化してのどのデータベースが破損している、すでにわかって、コピー、一時データベース」では、この資料の「に進みます。 Priv.edb と Pub.edb データベースを最適化してする場合やできない場合はことを確認してくださいのどのデータベースによって、問題が発生しましたは、次の手順のどのデータベースは、問題原因と特定に従います。
  1. Priv.edb と Pub.edb データベースの整合性をチェックします。
    • コマンド プロンプトで、Priv.edb データベースをチェックするには、次を実行します。
      eseutil/g/ispriv
    • コマンド プロンプトで、Pub.edb データベースをチェックするには、実行します。
      eseutil/g/ispub
  2. メモ データベース整合性チェックをパスしませんし、-1019年エラー メッセージを返します。
  3. 整合性チェックを渡しませんでしたされたデータベース ファイルのサイズは、メモします。
  4. このサイズは、一時ファイルのサイズを比較します。
2 つのファイルのサイズを比較して Tempdfrg.edb ファイルが、破損したデータベース ファイルの最適化済みバージョンがわかります。 ほとんどの場合は、ファイルは正確に同じサイズです。 コピー処理設定予約領域、プロセスの先頭にし、データベース ファイルのサイズにも、ソース ファイルと一致する、プロセスが完了しないがします。

一時データベースのコピー

データベースの最適化が正常に完了したことを確認してコピーする、最適化後のファイルを正しい場所にバックアップします。

  1. : この手順を前提、インフォメーション ストア データベースは、D:\Exchsrvr\Mdbdata フォルダー内のサーバー上にあり、最適化の一時ファイルがドライブ D (D:\Tempdfrg.edb) 上にあることとしています。

  2. 一時ファイルに対してには、整合性チェックを実行します。 コマンド プロンプトで、次の実行します。
    eseutil/g d:\tempdfrg.edb
    整合性チェックが正常に終了する場合、次の手順に進みます。 整合性チェックが正常に完了していない場合、データベースの両方のコピーが破損しているし、データベース バックアップから復元する必要があります。
  3. 破損したデータベース (Priv.edb] または [Pub.edb データベース) 名前を変更します。
  4. 一時的な最適化ファイル コピー ドライブ D から (D:\Tempdfrg.edb) を D:\Exchsrvr\Mdbdata フォルダーにします。
  5. 名前を [D:\Exchsrvr\Mdbdata] フォルダーで、Tempdfrg.edb ファイル名前に変更適切なデータベース ファイル (Priv.edb または Pub.edb)。
  6. インフォメーション ストアを起動します。
: 問題を示しているわけ場合は、インフォメーション ストアを開始するときに、-1011 エラー メッセージが表示されていた、します。 インフォメーション ストアやディレクトリは再同期化しなければなりません。 インフォメーション ストアとをコマンド プロンプトで、ディレクトリ同期するには、実行します。
\exchsrvr\bin\isinteg - 修正プログラム
詳細
オフラインでの最適化では、データを現在のデータベースから新しいデータベース ファイルにコピーします。 最適化処理が 100% に達すると一時ファイルが完成し、最適化済みデータベースです。 この時点で、ユーティリティ一時ファイルを元のデータベースを上書きする、元の場所に戻るコピーします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:242364 - 最終更新日: 02/11/2014 05:38:14 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB242364 KbMtja
フィードバック