現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の開発者サポートの使用方法

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) では、すべてのマイクロソフト製品およびテクノロジに関する豊富な情報が提供されます。この資料は、マイクロソフトの開発者向け製品および開発者向けテクノロジのユーザーが、「サポート技術情報」を使用して必要な情報や技術的な問題の解決策を探すときに、参考資料として使用することを目的としています。

: この資料は、開発者向け製品およびテクノロジのみを対象としています。この資料に記載されている情報および基準は、マイクロソフトの他の製品ファミリには適用されない場合があります。
詳細

「サポート技術情報」とは

「サポート技術情報」は、マイクロソフト製品およびテクノロジに関するさまざまな技術資料が格納されたデータベースで、"KB" とも呼ばれます。これらの資料の内容は、特定の作業の方法が記載された "作業方法に関する資料" から、マイクロソフト製品の既知の問題についての説明が記載された "問題に関する資料" までさまざまです。「サポート技術情報」で提供される各種資料の詳細については、この資料の「KB で提供される資料の種類」を参照してください。

「サポート技術情報」の提供場所

「サポート技術情報」は、さまざまな場所から利用できます。次に、KB を利用できるインターネット上の場所の一部を示します。また、開発者にとって馴染み深い Microsoft Developer Network (MSDN) CD でも、「サポート技術情報」が提供されます。KB は、MSDN Web サイトだけでなく MSDN ライブラリ CD からも利用できます。

KB の利用対象者

KB は、Microsoft Support 担当者や、初心者から上級者までのあらゆるマイクロソフト ユーザーによって利用されます。KB は、すべてのマイクロソフト製品またはテクノロジのユーザーにとって有用なリソースです。

KB で提供される資料の種類

次の表では、「サポート技術情報」で提供される資料の種類について説明します。この表は、マイクロソフト開発者向け製品およびテクノロジに関する資料に対して適用されます。

種類説明
作業方法に関する資料作業方法に関する資料では、特定の作業の実行方法について説明します。通常は手順を順に実行する形式で記述されます。これらの資料は、タイトルが "HOWTO" で始まります。

例 : [HOWTO] Visual FoxPro から Word のオートメーションを使用して文書に表を追加する方法
詳細情報に関する資料詳細情報に関する資料では、マイクロソフト製品、製品の機能、またはテクノロジについての詳細情報を提供します。これらの資料は、タイトルが "INFO" で始まります。

例 : [INFO] ASP.NET ページ フレームワークの概要
既知の問題に関する資料これらの資料では、ユーザーや開発者によって報告された問題について説明します。通常は、表示されるエラー メッセージや警告について説明しますが、対象製品以外の原因によって発生する問題について説明する場合もあります。多くの場合、問題を解決するための手順を提供します。これらの資料は、タイトルが "PRB" で始まります。

例 : [PRB] SQL にアクセスすると 80004005 ConnectionOpen (CreateFile()) エラーが発生する
修正された問題に関する資料これらの資料では、マイクロソフト製品またはテクノロジの以前のバージョンで報告され、新しいリリースや Service Pack で修正された問題について説明します。これらの資料は、タイトルが "FIX" で始まります。通常、これらの資料はまず問題に関する資料として公開され、問題が修正されるとタイトルの先頭に付く文字列が FIX に変更されます。

例 : [FIX] Content-Disposition Attachment ヘッダーでファイルが保存されない
問題に関する資料これらの資料では、マイクロソフト製品またはテクノロジの既知の問題について説明します。多くの場合、問題を回避するための手順が提供されます。これらの資料は、タイトルが "BUG" で始まります。新しいリリースや Service Pack で問題が修正されると、資料のタイトルの "BUG" が "FIX" に変更されます。

例 : [BUG] インデックス チューニング ウィザードの仮のクラスタ化インデックスにより再コンパイル ループが発生する
サンプルに関する資料サンプルに関する資料では、ユーザーおよび開発者がマイクロソフト製品の機能やテクノロジの使用に役立てることを目的として設計された、ダウンロード可能なコード サンプルを提供します。通常コード サンプルは、作業方法に関する資料で特定の機能やテクノロジを十分に説明できない場合に作成されます。これらの資料は、タイトルが "SAMPLE" で始まります。

例 : [SAMPLE] Visual Basic での HTTP WinInet API の使用方法を示す Vbhttp.exe
ファイルに関する資料これらの資料では、サンプル以外のダウンロード可能なファイルを提供します。提供されるファイルには、マイクロソフト製品と共に使用できるドライバ、DLL、ツールなどがあります。これらの資料は、タイトルが "FILE" で始まります。
例 : [FILE] Visual Basic 6.0 のライセンスの問題を修正する VB6CLI.EXE
よく寄せられる質問 (FAQ) に関する資料これらの資料では、マイクロソフト製品またはテクノロジについてよく寄せられる質問への回答を提供します。

例 : CAB ファイルについてよく寄せられる質問
ドキュメントの訂正に関する資料マイクロソフト製品のドキュメントに訂正がある場合は、KB 資料で説明が提供されます。これらの資料では、訂正が必要な部分と訂正後の記述を示します。これらの資料は、タイトルが "DOC" で始まります。

例 : [DOC] AppPoolQueueLength の値が小さすぎる場合にエラー メッセージ "HTTP 503 サービスは利用できません" が表示される

資料の検索方法

KB は、他のインターネット検索エンジンと同じように検索できます。探しているキーワードや語句を入力し、[検索] をクリックします。また、定義済みの検索条件を複数使用することにより、検索結果を絞り込むことができます。Web 上の KB には、[検索の使い方] へのリンクが含まれています。このページでは、検索時に使用できる論理演算子など、検索に役立つヒントが提供されています。次に、KB の検索に役立つその他のアイテムを示します。
  • ワイルドカードの使用 - アスタリスク (*) をワイルドカード文字として使用できます。たとえば、"キー" という言葉で始まるすべての資料を検索するには、"キー*" と入力します。
  • キーワード - KB 資料やタイトルに含まれる特定の単語を検索できるだけでなく、開発者サポートにより、検索を絞り込むために使用できる一連の特殊なキーワードが提供されます。キーワードの構造については、この資料の「開発者サポートのキーワードの構造について」で説明します。
  • ID による検索 - 各 KB 資料には ID 番号が付いています。ID 番号は、Q157883 のようにすべて Q で始まります。探している資料の Q 番号がわかっている場合、ID 番号で資料を検索できます。また、Q 番号がわかっている場合、検索を実行することなく KB 資料を直接参照できます。各 KB 資料には次の形式の URL が割り当てられています。

    http://support.microsoft.com/kb/qXXXXXX/

    単純に、上記の URL 内の X を適切な数字に置き換えるだけです。
  • 適切な製品またはテクノロジの選択 - 最初の検索画面で、情報を検索するマイクロソフト製品を選択します。この対象製品の一覧には、製品だけでなく、テクノロジも含まれています。たとえば、Visual Studio .NET 2003 を使用して Windows アプリケーションを作成する場合、一覧から Visual Studio .NET 2003 を選択すると、検索結果を絞り込むことができます。他の主要な開発者サポートのテクノロジには、ASP (Active Server Pages)、ADO (ActiveX Data Objects)、ISAPI (Internet Server API)、OLE プログラミング、Transaction Server (MTS)、Web クラスなどがあります。検索結果を絞り込むには、一覧全体をスクロールして確認するようにします。

開発者サポートのキーワードの構造について

開発者サポートの各 KB 資料には、資料を識別するための特殊なキーワードが含まれています。これらのキーワードは、各資料の下部にある「キーワード」に記載されています。各開発者サポート製品およびテクノロジには、特殊なキーワードが割り当てられています。キーワードの一覧は非常に大きいため、この資料に記載することはできませんが、キーワードの構造を理解すると、目的の資料の検索に大きく役立ちます。

開発者サポートのキーワードの構造を次に示します。
kb<product|technology>[versioning information][ServicePack #][bug|fix|qfe|faq]
kb必須。開発者サポートの各キーワードは "kb" という文字で始まります。
<product|technology>必須。kb という文字列の次に、特定の製品またはテクノロジを表す文字列が続きます。たとえば、Visual C++ の場合は kbVC、Visual Basic の場合は kbVBp です。
[versioning information]省略可能。次に、資料の対象製品またはテクノロジのバージョンを表す文字列が続きます。小数点はキーワードに含まれないため、Visual C++ Version 6.00 は kbVC600 となります。
[Service Pack #]省略可能。一部の資料は特定の Service Pack (SP) を対象とします。たとえば、"kbVC600sp2" のように表されます。
[bug|fix|qfe|faq]省略可能。あるバージョンの製品やテクノロジの問題やその修正プログラムに関する資料の場合、"bug" や "fix" などの単語がキーワードの最後に追加されます。たとえば、Visual C++ Version 6.00 の問題に関する資料の場合、"kbVC600bug" のようにキーワードが追加されます。

QFE (Quick Fix Engineering) 修正プログラムに関する資料の場合、"qfe" という文字列が最後に追加されます。

よく寄せられる質問に関する資料の場合、"faq" がキーワードの最後に追加されます。


キーワードを使用して、検索結果を大幅に絞り込むことができます。たとえば、Visual Basic の資料を探していて、Visual Basic Version 5.00 に関する資料だけが必要な場合は、"kbVBp500*" というキーワードを使用して検索します。検索キーワードにはワイルドカード文字 (アスタリスク (*)) を含めるようにしてください。

次の一覧に、いくつかの一般的な開発者サポートのキーワードを示します。キーワードを利用するための最も良い方法は、最も頻繁に参照する資料に記載されている、製品やテクノロジのキーワードをメモしておくことです。

キーワード意味
kbVBpVisual Basic を対象とした資料で使用されます。たとえば、kbVBp600 は Visual Basic 6.0 を対象とした資料で使用されます。
kbVCVisual C++ を対象とした資料で使用されます。
kbVFPVisual FoxPro を対象とした資料で使用されます。
kbVisIDVisual InterDev を対象とした資料で使用されます。
kbVJVisual J++ を対象とした資料で使用されます。
kbSSafeVisual Source Safe を対象とした資料で使用されます。
kbADOADO (ActiveX Data Objects) を対象とした資料で使用されます。
kbNTOSWindows NT オペレーティング システムのみを対象とした資料で使用されます。
kbWinOSWindows オペレーティング システム (Windows NT 以外) を対象とした資料で使用されます。たとえば、kbWinOS98 は Windows 98 を対象とした資料で使用されます。
kbWinOS2000Windows 2000 オペレーティング システムを対象とした資料で使用されます。
kbODBCODBC (Open Database Connectivity) を対象とした資料で使用されます。

また、上記の「KB で提供される資料の種類」に記載されている資料の種類ごとに、問題の種類を表すキーワードが付けられます。たとえば、"作業方法に関する資料" の場合は kbHowTo、"既知の問題に関する資料" の場合は kbPRB です。
関連情報
その他の検索のヒントについては、次の MSDN Web サイトの資料を参照してください。
プロパティ

文書番号:242971 - 最終更新日: 12/05/2015 16:06:13 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Visual Studio 6.0 Enterprise Edition
  • Microsoft Visual Studio 97 Service Pack 3
  • kbnosurvey kbarchive kbdswmanage2003swept kbhowto KB242971
フィードバック