Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューターで、電源オプション内で設定されている時間を経過してもスリープ状態に切り替わらない場合がある

現象
Windows Vista または Windows Server 2008 を実行しているコンピューターで、電源オプション内で設定されている時間の間 PC を操作しなくても、スリープ状態に切り替わらない場合があります。
原因
Windows Vista および Windows Server 2008 では、システムがアイドル状態の際に、システムの稼動状況が 15 秒間隔で計算され、既定では、アイドル状態が 80% 以上の状態が、電源オプション内で設定されている時間の間継続した場合、スリープ状態に遷移します。このため、PC を操作していなくても、CPU 使用率が高い場合、電源オプション内で設定されている時間が経過してもスリープ状態に切り替わりません。
回避策
この現象を回避するには、以下の手順を実行してください。
  1. [コマンド プロンプト] を管理者権限で起動します。
  2. 設定されている電源プランのスリープ設定を確認するために以下のコマンドを実行します。

    powercfg -qh <SCHEME_GUID> <SUB_GUID>

    ここでは例として AC 電源の現在設定されている電源プランのスリープに関する設定を確認します。

    powercfg -qh scheme_current sub_sleep

    コマンドの実行結果の例 :

    電源設定の GUID : 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e (バランス)
    補足 : SHCEME_GUID に相当します。

    サブグループの GUID : 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20 (スリープ)
    補足 : SUB_GUID に相当します。

    電源設定の GUID : 81cd32e0-7833-44f3-8737-7081f38d1f70 (スリープ状態になる前に必要なアイドル状態)
    補足 : 後述の SETTING_GUID に相当します。

       利用可能な設定の最小値 : 0x00000000
       利用可能な設定の最大値 : 0x00000064
       利用可能な設定の増分 : 0x00000001
       利用可能な設定の単位 : %
    現在の AC 電源設定のインデックス : 0x00000050 (10 進数では 80% であることを示しています)
    現在の DC 電源設定のインデックス : 0x00000050

    注 :
    scheme_current や sub_sleep はエリアスと呼ばれ、それぞれ、現在使用している電源プランの SHCEME_GUID、スリープ設定のSUB_GUID を表します。以下のGUID を使用したコマンドを実行しても上記と同じ結果となります。

    powercfg -qh 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e 238c9fa8-0aad-41ed-83f4-97be242c8f20

  3. 以下のコマンドを用いて、[スリープ状態になる前に必要なアイドル状態] の閾値を変更します。

    AC 電源の設定値を変更するコマンド :

    powercfg -setacvalueindex <SCHEME_GUID> <SUB_GUID> <SETTING_GUID> <SettingIndex>

    DC 電源の設定値を変更するコマンド :

    powercfg -setdcvalueindex <SCHEME_GUID> <SUB_GUID> <SETTING_GUID> <SettingIndex>

    ここでは例として AC 電源の 現在設定されている電源プランに対して [スリープ状態になる前に必要なアイドル状態] の閾値を 30% に変更します。

    注 : 閾値の最適値は利用しているシステム構成により異なるため、適宜設定してください。

    powercfg -setacvalueindex scheme_current sub_sleep 81cd32e0-7833-44f3-8737-7081f38d1f70 30

    補足 : 同様に他の電源プラン、およびバッテリの電源プランに対しても設定を行う場合には、それぞれの SCHEME_GUID の値と setdcvalueindex オプションを用いて変更します。別の電源プランの GUID (上記コマンドの "SCHEME_GUID" に相当する部分) は、以下のコマンドで取得可能です。

    powercfg /l

    例 :
    既存の電源設定 (* アクティブ)
    電源設定の GUID : 381b4222-f694-41f0-9685-ff5bb260df2e (バランス)
    電源設定の GUID : 8c5e7fda-e8bf-4a96-9a85-a6e23a8c635c (高パフォーマンス) *
    電源設定の GUID : a1841308-3541-4fab-bc81-f71556f20b4a (省電力)

  4. 手順 3 の設定値が反映されたかを確認するため、再度以下のコマンドを実行し、現在の電源プランのスリープの設定を表示します。

    powercfg -qh scheme_current sub_sleep

    コマンドの実行結果の例 :

    電源設定の GUID : 81cd32e0-7833-44f3-8737-7081f38d1f70 (スリープ状態になる前に必要なアイドル状態)
       利用可能な設定の最小値 : 0x00000000
       利用可能な設定の最大値 : 0x00000064 
       利用可能な設定の増分 : 0x00000001
       利用可能な設定の単位 : %
    現在の AC 電源設定のインデックス : 0x0000001e (10 進数で 30% であることを示しています)
    現在の DC 電源設定のインデックス : 0x00000050

  5. 設定を有効にするために、コンピューターを再起動、または以下のコマンドを実行します。

    powercfg -setactive scheme_current
状況
この動作は仕様です。
詳細

問題の再現手順

  1. [コントロール パネル] を開きます。
  2. [ハードウェアとサウンド] をクリックします。
  3. [コンピュータをスリープ状態にする時間の変更] をクリックします。
  4. [コンピューターをスリープ状態にする] で、スリープ状態にするまでの時間を設定します。

結果

手順 4 で設定した時間 PC を操作しなくてもスリープ状態に切り替わらない場合があります。
関連情報
電源ポリシーについての詳細は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows における電源ポリシーの構成および展開
http://www.microsoft.com/japan/whdc/system/pnppwr/powermgmt/PMpolicy_Windows.mspx
エネルギー効率のための Windows Vista プラットフォームの最適化http://www.microsoft.com/japan/whdc/system/pnppwr/powermgmt/Optimize_Power.mspx
Proprietà

ID articolo: 2436244 - Ultima revisione: 09/29/2016 15:44:00 - Revisione: 3.0

Windows Vista Home Premium, Windows Vista Business, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Enterprise, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Starter, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard

  • kbharmony kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced kbtshoot kbprb KB2436244
Feedback