Office 2010 アプリケーションで翻訳機能を使用すると "該当結果が見つかりませんでした" と表示されて翻訳結果を確認できない

現象
Microsoft Word 2010、または Microsoft Excel 2010 などの Office 2010 アプリケーションで、任意の単語に対して翻訳機能を使用しても、[リサーチ] ウィンドウに "該当結果が見つかりませんでした" と表示されて、正しい翻訳結果を確認することができない場合があります。その後、同じ単語の翻訳を再度実行すると正しい翻訳結果が表示されます。

この現象は Office 2010 アプリケーションの初回起動時、または翻訳元の言語と翻訳先の言語を切り替えた直後に発生します。
回避策
この現象を回避するには、以下のいずれかの手順で、翻訳を再度実行してください。

方法 1 : 単語を選択して右クリックし、[翻訳] メニューをクリックする。
方法 2 : [リサーチ] ウィンドウの [検索の開始] ボタンをクリックする。
状況
 マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。 
詳細

問題の再現手順

  1. Word 2010 を起動します。
  2. apple と入力して改行します。
  3. 入力した単語を範囲選択して右クリックし、[翻訳] メニューをクリックします。
  4. 画面の右側に [リサーチ] ウィンドウ が表示され、翻訳結果が表示されます。
  5. [翻訳元の言語] と [翻訳先の言語] を入れ替えます。 (日本語から英語)
  6. [翻訳元の言語] と [翻訳先の言語] を元に戻します。 (英語から日本語)

結果

"該当結果が見つかりませんでした。" と表示されて、手順 4 で表示されていた翻訳結果を確認することができません。
プロパティ

文書番号:2437528 - 最終更新日: 09/29/2016 15:45:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Office Home and Student 2010, Microsoft Office Home and Business 2010, Microsoft IIS Media Services 2.0, Microsoft Office Professional 2010, Microsoft Office Professional Plus 2010, Microsoft Office Standard 2010

  • kbharmony kbexpertisebeginner kbexpertiseinter kbtshoot kbbug KB2437528
フィードバック