Microsoft 暗号化ファイル システムにアクセスできない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP243850
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
固定プロファイルを使用してサーバーにログオンしたとき、以下のいずれか、または複数の現象が発生する場合があります。
  • Microsoft 管理コンソール (MMC) ツールで証明書を登録できません。
  • プロファイルを保持するログオン サーバーと通信できません。
  • Microsoft 暗号化ファイル システムにアクセスしたり、新しいファイルやフォルダを暗号化できません。
状況
この動作は仕様です。
詳細
固定プロファイルを使用してログオンした場合は、新しい公開キーまたは秘密キーを生成するアクセス許可がありません。キーを生成しても、プロファイルを完全に変更するアクセス許可がないため、ログオフするとそれらのキーは失われます。その結果、暗号化したデータにアクセスできなくなります。

この問題を避けるため、固定またはキャッシュされたローカルの一時的なプロファイルを使用して新しいキーを生成しようとすると、Windows 2000 が NTE_TEMPORARY_PROFILE エラー メッセージを返します。

EFS の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
230520 [NT]Windows 2000 における EFS を使用したデータの暗号化方法
223316 暗号化ファイル システムの最善の使用方法
certificates public/private keys
プロパティ

文書番号:243850 - 最終更新日: 02/11/2014 18:02:12 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • kbnosurvey kbarchive kbnetwork kbprb KB243850
フィードバック