現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Ldp.exe ツールを使って Active Directory からオブジェクトを削除する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP244344
概要
この資料では、管理者が Ldp.exe ツールを使って Active Directory からオブジェクトを削除する方法を説明します。
詳細
管理者が Active Directory からオブジェクトを削除するには、Windows 2000 Server CD-ROM の Support\Tools フォルダに用意されている Ldp.exe ツールを使用します。オブジェクトを削除するには、以下の手順を実行します。
  1. 既定のポート番号 (389) を使って、ドメイン内の利用可能なドメイン コントローラ (DC) のいずれかに接続します。[Connect] ダイアログ ボックスに、サーバー名を server.domain_name.com の形式で入力します。ここで、server は接続する DC の名前、domain_name はその DC が所属しているドメインの名前です。ポート番号として 389 を入力します。
  2. 管理者としてログインし、ドメインにバインドします。[Bind] ダイアログ ボックスで、ユーザー名として administrator を入力し、管理者アカウントのパスワードを入力します。さらに、ドメイン名 domain_name を入力します。なお、管理者アカウント以外のユーザー アカウントをバインドに使用すると、オブジェクトを削除できなくなります。
  3. Ldp.exe の [Browse] メニューで [Delete] をクリックして、孤立しているオブジェクトを削除します。[Delete] ダイアログ ボックスに削除対象のオブジェクトの識別名 (DN) を入力します。たとえば、support.microsoft.com ドメイン内の組織単位オブジェクト "Remote Support" を削除するには、次の DN を入力します。
    OU=Remote Support, DC=support, DC=microsoft, DC=com
  4. [Synchronous] チェック ボックスをオンにし、[OK] をクリックします。
メモ : この方法で削除できるのは、"リーフ" オブジェクトだけです。空になっていないオブジェクトを削除しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
Error: Delete: 非リーフでは許可されません <66>。
したがって、コンテナ オブジェクトを削除するには、コンテナ内のすべてのオブジェクトを前もって削除しておく必要があります。
詳細
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 244344 (最終更新日 1999-12-29) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:244344 - 最終更新日: 09/30/2004 02:02:00 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Datacenter Server
  • kbhowto kbtool KB244344
フィードバック