現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server 7.0 の sysprocesses テーブルの waittype 列と lastwaittype 列の定義

概要
SQL Server の sysprocesses テーブルは、アクティブなサーバー プロセス ID (SPID) に関する情報が格納される仮想テーブルです。SQL Server 7.0 で新たに追加された lastwaittype フィールドは waittype フィールド (予約済みの内部バイナリ列) を文字列で表現したものです。これは特定 SPID の最後 (または現在) の waittype を示します。waittype が 0x0000 の SPID は待機中でなく、その最後の waittype が lastwaittype で示されます。waittype がゼロ以外の場合、lastwaittype と waittype は同じになり、当該 SPID の現在の waitstate を示します。

この資料では、lastwaittype および関連する waittype の値を一覧で示し、それぞれの意味を簡単に説明します。
詳細
以下の waittype は、"説明" 列に記載されているロックで待機中であることを意味します。"waitresource" 列は、当該 SPID がロックしようとしているリソースを示します。

lastwaittypewaittype説明
LCK_M_SCH_S0x01スキーマの安定性
LCK_M_SCH_M0x02スキーマ変更
LCK_M_IS0x03インテント - 共有
LCK_M_SIU0x04更新する共有インテント
LCK_M_IS_S0x05インテント - 共有 - 共有 (キー範囲ロック)
LCK_M_IX0x06インテント - 排他
LCK_M_SIX0x07共有 - インテント - 排他
LCK_M_S0x08共有
LCK_M_U0x09更新
LCK_M_II_NL0x0Aインテント - 挿入 - NULL (キー範囲ロック)
LCK_M_II_X0x0Bインテント - 挿入 - 排他 (キー範囲ロック)
LCK_M_IU0x0Cインテント - 更新ロック
LCK_M_IS_U0x0Dインテント - 共有更新 (キー範囲ロック)
LCK_M_X0x0E排他
LCK_M_BU0x0F一括更新


以下の waittype は "説明" 列に記載されているページ ラッチで待機中であることを意味します。"waitresource" 列は、プロセスがラッチを獲得しようとしているリソースを示します。"lastwaittype" 列の文字列は、プロセスが待機しているラッチ モードを示します。ページ ラッチの詳細については、SQL Server 7.0 Books Online の「ラッチ」を参照してください。

lastwaittypewaittype説明
PWAIT_LATCH_NL0x400NULL ラッチ
PWAIT_LATCH_EX0x401排他ラッチ
PWAIT_LATCH_SH0x402共有ラッチ
PWAIT_LATCH_UP0x403更新ラッチ
PWAIT_PAGELATCH_NL0x410NULL ページ ラッチ
WAIT_PAGELATCH_EX0x411排他ページ ラッチ
WAIT_PAGELATCH_SH0x412共有ページ ラッチ
PWAIT_PAGELATCH_UP0x413更新ページ ラッチ
PWAIT_PAGEIOLATCH_NL0x420NULL 入出力 (I/O) ページ ラッチ
PWAIT_PAGEIOLATCH_EX0x421排他入出力 (I/O) ページ ラッチ
PWAIT_PAGEIOLATCH_SH0x422共有入出力 (I/O) ページ ラッチ
PWAIT_PAGEIOLATCH_UP0x423更新入出力 (I/O) ページ ラッチ


以下の waittype は特定のイベントが発生するまでユーザーの接続が一時停止されることを意味します。

lastwaittypewaittype説明
PWAIT_RESOURCE_SEMAPHORE0x40リソース セマフォ獲得のために待機しています。同期の目的で使用されます。
PWAIT_DTC0x41分散トランザクション コーディネータ (DTC) が解放されるまで待機しています。
PWAIT_OLEDB0x42OLE DB プロバイダが解放されるまで待機しています。
PWAIT_WRITELOG0x81トランザクションのログ レコードがディスクにフラッシュされるまで待機しています。
PWAIT_PSS_CHILD0x101子スレッドの非同期カーソル操作が終了するまで待機しています。
PWAIT_EXCHANGE0x200並列クエリのスレッド間の同期を取るために待機しています。
PWAIT_XCB0x201トランザクション制御ブロックへのアクセス権を取得しています。
トランザクション制御ブロック (XCB) は一般に特定のセッションでのみ有効ですが、バインド セッション機能を使用しているとき、または複数のセッションを同じ DTC トランザクションに参加させているときは、セッション間で共有できます。同時に複数のセッションから XCB にアクセスすることはできません。この waittype は、多くの場合、あるセッションが XCB の解放を待つ一方で、その XCB リソースを保持するセッションが別のリソースで待機していることを示しています。
PWAIT_DBTABLE0x202チェックポイント処理でのみ使用されます。
PWAIT_EC0x203接続サブスレッド (実行コンテキスト) を強制終了しています。
PWAIT_TEMPOBJ0x204一時オブジェクトを削除しています。
PWAIT_XACTLOCKINFO0x205ロックの解放、エスカレート、転送の際に一括操作で待機しています。
PWAIT_LOGMGR0x206ログ ライタの処理を待っています。
PWAIT_CMEMTHREAD0x207メモリ オブジェクトへのアクセスを待っています。
PWAIT_CXPACKET0x208交換演算子 (並列クエリ) のパケット同期の完了まで待機しています。
PWAIT_PAGESUPP0x209並列クエリ スレッドのスピンロックを解放します。
PWAIT_SHUTDOWN0x20ASPID の終了を待ってシャットダウンします。
PWAIT_WAITFOR0x20BWAITFOR コマンドで待機します。
PWAIT_CURSOR0x20C非同期カーソルとのスレッドの同期が完了するまで待機しています。
synch sync last wait type asynch async
プロパティ

文書番号:244455 - 最終更新日: 08/22/2006 07:12:18 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • kbinfo KB244455
フィードバック