現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

SQL Server 2008 R2 をインストールしようとするとエラー メッセージ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2449398
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを検索します。 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
現象
Microsoft SQL Server 2008 R2 をインストールしようとすると、1 つまたは複数、次のエラー メッセージが表示されるか、1 つまたは複数、次の現象が発生します。さらに、セットアップを続行できません。

セットアップ エラー メッセージまたは現象
エラー メッセージ 1
システムには、デバイスまたは指定されたファイルを開くことができません。

エラー メッセージ2
Setup.rll は、Windows 上で実行することはできませんまたはエラーが含まれます。

エラー メッセージ3
インストーラーは、このパッケージのインストール中に予期しないエラーが発生しました。

エラー メッセージ4
Setup.exe の badimage。

エラー メッセージ5
メディアの不良のためログイン プロセス中にはエラーが発生しました。

エラー メッセージ6
'Sql.cab のこのインストールに必要な' のキャビネット ファイルは壊れているため使用できません。 に

エラー メッセージ7
ファイルから読み取り中のエラー

現象 1
X64 を選択することはできませんインストールのビットします。

現象 2
セットアップの [コンポーネントの選択] ページで、一部のコンポーネントがありません。

SQL Server セットアップ ログ ファイルにエラー メッセージ
メモ SQL Server セットアップ ログ ファイルの詳細については、SQL Server Books online の以下のトピックを参照してください。

エラー メッセージ 1
2337 エラー

エラー メッセージ2
SQL Server のインストールに失敗しました。

エラー メッセージ3
ファイルからの読み取り中にネットワーク エラーが発生しました。

エラー メッセージ4
英語ローカリゼーションは、この SQL Server のメディアにはサポートされていません。

エラー メッセージ5
データベース エンジンの起動時のハンドル (Summary.txt ファイル) が見つかりませんでした。

エラー メッセージ6
ソース ファイル 'p76pctiy.dll' は圧縮されていない (sql_engine_core_shared) です。


イベント ビューアーのエラー メッセージ
SQLSQM タイマーを初期化できませんでした。
原因
この問題は、原因は、次のいずれかの発生します。
  • インストール メディアが破損しています。
  • インストール ソースが破損しています。
解決方法
この問題を解決するのには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 元のロケーションからは、SQL Server のイメージを再度ダウンロードし、セットアップ プログラムを再度実行します。
  • コンピューター ネットワーク経由で SQL Server をインストールした場合、ローカル ドライブから、再インストールし、セットアップ プログラムを再度実行します。
  • Setup.rll ファイルの名前を変更します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Windows エクスプ ローラーを開きます。これを行うをクリックしてください。 スタート[ すべてのプログラム[ アクセサリプロパティ Windows エクスプ ローラー.
    2. 見つけて、次のフォルダーをクリックします。
      C:\Program 名 SQL Server\100\Setup Bootstrap\SQLServer2008R2\resources\1033
    3. Usbehci.sys Setup.rllプロパティ 名前を変更します。.画像を参照してください。
    4. 種類 setup.rll.old、し、Enter キーを押します。
    5. セットアップ プログラムを再度実行します。
  • SQL Server のローカライズ版を使用している場合は、ローカライズされたバージョンをサポートするオペレーティング システムの設定を変更できます。オペレーティング システムの設定を変更する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。重要です 異なる言語バージョンの SQL Server インスタンスが同じコンピューター上のインストールはサポートされていません。
詳細
「現象」に記載されているエラー メッセージは、他の原因があります。「解決方法」セクションでの手順は問題が解決しない場合は、別問題が発生している可能性があります。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  • Microsoft ファイル チェックサム整合性検証ツールを使用して、インストール メディアを確認するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  • SQL Server 2008 R2 をインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
  • 既知の SQL Server で Windows 7 または Windows Server 2008 R2 をインストールすると問題の詳細についてをクリックしての資料で、マイクロソフト サポート技術情報を参照するのには、次の資料番号。
    955725 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 上に SQL Server をインストールする際の既知の問題の一覧

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2449398 - 最終更新日: 07/16/2013 02:44:00 - リビジョン: 5.1

Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard, Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business, Microsoft SQL Server 2008 R2 Web, Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup

  • kbcip kberrmsg kbmt KB2449398 KbMtja
フィードバック
V = 1; var varClickTracking = 1; var varCustomerTracking = 1; var Route = "76500"; var Ctrl = ""; document.write("