削除または NTFS ボリューム上の破損したファイルを修復することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:246026
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
NTFS ボリューム上のファイルを削除しようとすると、次のエラー メッセージを受け取ることがあります。
削除できません。 ファイル名: ファイルまたはディレクトリが壊れていて読み込み不可能です。
Windows NT 4.0 でシステム イベント ログに次のメッセージが含まれます。
イベント ID: 41
ソース: Diskperf
説明: ディスク上のファイル システム構造は壊れていて読み込み不可能です。デバイスにラベル"Volume_name"で、chkdsk ユーティリティを実行してください。
Windows 2000 でシステム イベント ログに次のメッセージが含まれます。
イベント ID: 55
ソース: NTFS
説明: ディスク上のファイル システム構造は壊れていて使えませんです。ボリュームに chkdsk ユーティリティを実行してください"Drive_letter:"
ボリュームに対して Chkdsk を実行する場合は、Chkdsk がありますか修復できないことがありますが後は、破損したファイル削除できません。
原因
NTFS ボリュームのマスター ファイル テーブル (MFT) が破損している場合は、この現象が発生することができます。ディレクトリ インデックスのレコードと、関連のファイル レコード セグメント (FRS) が格納されているファイル名で保存されているファイルを短い形式と長い名前のペアに一致しない大文字と小文字の文字が含まれています。

大文字小文字を区別 (POSIX) のファイル名、NTFS をサポートしていますが、Chkdsk がファイル名では大文字と小文字をチェックしません。

たとえば、ディレクトリ インデックス ・ レコード、BADFILe.TXT エントリが、FRS が BADFILE されても想定しています。TXT のエントリのファイル名です。NTFS これが無効か破損していると表示が Chkdsk 名だけを比較、大文字と小文字は無視されます。修復は行われません。
解決方法
この問題を解決するには、破損したファイルを含むボリュームをバックアップし、破損したファイルをバックアップ ジョブから除外します。ボリュームを再フォーマットし、バックアップから復元します。
状況
Microsoft では、これ問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには以下の記事番号をクリックしてください。
120716 Windows NT で予約された名前を持つファイルを削除する方法
176646 エラー メッセージ: は、ファイルまたはディレクトリが壊れている.
FRS の NTFRS の破損

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:246026 - 最終更新日: 12/05/2015 17:28:33 - リビジョン: 4.0

  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbprb kbmt KB246026 KbMtja
フィードバック