現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

タスクのレコードを Outlook のアラーム時刻が予期せず作業には、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 クライアントのレコードの期限時間は上書きされます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2461448
現象
タスクのレコードを Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 クライアントの期限時刻を変更することを想定しています。 実行した後、CRM との同期します。関数で、タスクのレコードには、Microsoft Dynamics CRM 4. 0、作業レコードで Outlook のアラーム時刻を同期するのには、Outlook が予期せず作業レコードの期限までに上書きされます。
解決方法
重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。。 ただし、レジストリを誤って変更すると重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリを変更する際には十分に注意してください。。 万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。。 問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。。 バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下サポート技術情報をクリックしてください。:
322756バックアップを作成し、Windows のレジストリを復元する方法


Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で、最新の累積的な更新プログラムのロールアップでこの問題を解決します。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。:
949256Microsoft Dynamics CRM 4. 0 更新プログラムおよび修正プログラム


注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。この問題を最初の Microsoft Dynamics CRM 4. 0 更新プログラムのロールアップ 14 では修正されました。
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。:
2389019Microsoft Dynamics CRM 4. 0 用の更新プログラムのロールアップ 14 が利用可能です。

この修正プログラムは、Microsoft Office Outlook 用 Microsoft Dynamics CRM を実行しているコンピューターで有効にするには、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRMClient レジストリ サブキーの下の OutlookSyncDisableTaskReminderTime の DWORD レジストリ エントリを有効にします。 以下が手順例となります。:
  1. クリックします。開始をクリックして実行します。、種類レジストリ エディター、[OK.
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRMClient
  3. 右クリックしOutlookSyncDisableTaskReminderTime、[変更.
  4. で、値のデータボックスに、入力1、[OK.
  5. にはファイルメニューをクリックして終了.
メモ
  • 既定値は、OutlookSyncDisableTaskReminderTimeDWORD レジストリ エントリします。0.
  • 場合は、OutlookSyncDisableTaskReminderTimeDWORD レジストリ エントリします。1、Microsoft Dynamics CRM タスク レコードのアラーム時刻は、次のとおり設定します。
    • 場合は、期限の更新時間は、アラームの時刻より後で、[アラーム時刻は更新されません。
    • 場合は、期限の更新時間は、[アラームの時刻より前、アラームの時刻が期限の時刻に更新されます。
    • アラームの時刻が設定されていない場合は、[アラーム時刻が期限の時刻に更新されます。
状況
マイクロソフトでは、「以下の製品について」の項目に記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています。。
詳細
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの名前付け規則

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2461448 - 最終更新日: 11/18/2010 09:37:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Dynamics CRM 4.0

  • kbfix kbqfe kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2461448 KbMtja
フィードバック