XADM: サイト フォルダーのディレクトリに存在する Exchange サイトの削除

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:246253
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
サイト フォルダーをディレクトリに存在する Exchange Server サイトの削除されます。 この問題が発生しているサーバーは、メッセージングの問題が Schedule + 空き/予約済み情報や、Exchange Server 組織内の特定のサイトに対してオフライン アドレス帳にアクセスしているクライアントにあります。

ユーザーには、次のようなメッセージが表示される可能性があります。
公開されている空き時間情報データを更新できませんでした。 このパブリック フォルダーの内容は現在利用できません。 このパブリック フォルダーを処理する Microsoft Exchange Server コンピューターがダウンするか、パブリック フォルダーがこのサイトにレプリケートされていません。 システム管理者に問い合わせてください。
- または -
Microsoft Exchange サーバー上には、Microsoft Exchange オフライン アドレス帳ファイルを開くときにエラーが発生しました。 システム管理者に問い合わせてください。
サイト フォルダーのレプリケーション 、パブリック インフォメーション ストア内の診断ログのレベルが最大になっています場合、インフォメーション ストアの起動時に、次のようなイベントが表示します。
イベント ID: 3051
ソース : MSExchangeIS Public
種類: 情報
分類: レプリケーション サイト フォルダー
説明: 未使用のサイト フォルダー (1b4 ~ 7) 無料 BUSY\EX NON_IPM_SUBTREE\SCHEDULE +:/o 組織/ou = = サイト名が削除されました。
- と -
イベント ID: 3051
ソース : MSExchangeIS Public
種類: 情報
分類: レプリケーション サイト フォルダー
説明: 未使用のサイト フォルダー (1b4-8) NON_IPM_SUBTREE\OFFLINE アドレス BOOK\EX:/o 組織/ou = = サイト名が削除されました。
原因
インフォメーション ストア内のプロセスは (ディレクトリから取得) Exchange Server サイトの並べ替えられた一覧 (インフォメーション ストアにクエリによって取得)、パブリック インフォメーション ストアにある Exchange Server サイトの並べ替えられた一覧に比較します。 これら 2 つのリストが、同じ文字列比較操作によって、2 つのリストをわずかに異なる結果ソートされません (通常は、ハイフンなどの特殊文字を持つサイトに影響する高い)。
解決方法
この問題を解決するには、Exchange Server 5.5 の最新の Service Pack を入手してください。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
191014[XGEN、最新の Exchange Server 5. 5 サービス パックを入手します。
以下のファイルが、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の追加についてはをクリックして以下「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

: 5. 5 インフォメーション ストアのこのバージョンを起動すると、インフォメーション ストア データベースは自動的に形式にアップグレード新しい。 データベースをアップグレード後、サーバーに 前バージョンの Store.exe ファイルを復元できますが、バージョン 5.5.2651.32 以降のファイルのみ可能です。 バージョン 5.5.2651.32 より前の Store.exe ファイルを復元すると、インフォメーション ストアが起動できなくなります。 関連情報については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください:
244976[XADM] イベント ID 1197 および 1005年するときに、インフォメーション ストアを開始

状況
マイクロソフトでは、この問題を Microsoft Exchange Server 5.5 の問題として認識しています。 この問題は Exchange Server 5.5 Service Pack 4 で修正済みです。

プロパティ

文書番号:246253 - 最終更新日: 01/30/2014 12:22:40 - リビジョン: 4.2

Microsoft Exchange Server 5.5 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexchange550presp4fix kbexchange550sp4fix kbgraphxlinkcritical kbqfe kbhotfixserver kbmt KB246253 KbMtja
フィードバック