現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows 2000 SP4 対応のクライアント セキュリティの展開パッケージ (1.0.1732.0) Forefront

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2464613
この資料は Windows 2000 SP4 対応のコンピューターを具体的には、Microsoft Forefront クライアント セキュリティ (FCS) 改訂版インストール パッケージについて説明します。
概要
このパッケージに記載されている現在の展開パッケージを修正します。
976669Forefront クライアント セキュリティの展開パッケージ (1.0.1725.0): 2009年 12 月
このバージョンの目的は、複数の更新プログラムを適用することなくが、最新のバージョンのクライアント セキュリティ クライアントをインストールするのには、Windows 2000 コンピューターを有効にします。 このパッケージは Windows Server Update サービス (WSUS) に発行され、FSE のクライアントのクライアント コンポーネントの新しいインストールを実行するため。
修正プログラムについて
マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。この修正プログラムは、Windows Server Update Services からのみ利用可能です。

前提条件

この更新プログラムをインストールするための前提条件はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、以下に置き換えます。
976669Forefront クライアント セキュリティの展開パッケージ (1.0.1725.0): 2009年 12 月
この更新プログラムも最初のリリースでは、次のタイトルの下から WSUS で使用できる、FSE のクライアント展開パッケージが置き換えられます。
クライアント更新プログラムを Microsoft Forefront クライアント セキュリティ (1.0.1703.0)
詳細
この更新プログラムの内容は次のとおりです。
  • clientsetup.exe
  • FCSSSA.MSI
  • MOMAgent.MSI
  • mp_AMBits.MSI

Clientsetup.exe

この更新プログラムのインストール パッケージには、clientsetup.exe プログラムを起動します。 ClientSetup.exe プログラムはこのセクションでは、下位のインストール ファイルを起動します。
このリリースで変更点
  • 次の製品を検出するチェックが追加されました。 セットアップは続行され、エラーは、セットアップ ログ ファイルに書き込まれますが検出された場合。
    • マイクロソフト セキュリティ Essentials バージョン 2
    • Forefront エンドポイント保護クライアント
x x86 ベースのバージョン、Forefront のクライアント セキュリティ
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間
Clientsetup.exe1.0.1732.0116,12013-11 月-201000: 16

FCSSSA.MSI

この従属コンポーネントは、Microsoft Forefront クライアント セキュリティ状態評価 (SSA) クライアントをインストールします。 SSA クライアント、サービス ホストの評価の定義が損なわれます。

評価の定義機能では、同じリリースは、次の記事では、表示タイトルの更新プログラム パッケージのバージョンと一致するバージョン番号をインクリメントされていますがいます。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。:
974253説明は、セキュリティ状態評価の更新 (1.0.1710.103) クライアント リング
サービスのホスト (FcsSAS.exe) 機能、リリースから製造のビルドには、変更されていませんが、タイトルの更新プログラム パッケージのバージョンと一致する、バージョン番号をインクリメントされています。

x x86 ベースのバージョン、Forefront のクライアント セキュリティ
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間
Bpacommon.dll1.0.1732.0223,12812-11 月-201021: 01
Bpaconfigcollector.dll1.0.1732.0364,95212-11 月-201021: 01
Eula.rtf206,7732010-03-6 月13: 24
Fcssas.exe1.0.1732.069,52812-11 月-201021: 01
Fcssasengine.dll1.0.1732.084,37612-11 月-201021: 01
Fcssasmsg.dll1.0.1732.018,84013-11 月-201000: 16
Fcssasondemand.exe1.0.1732.017,81612-11 月-201021: 01
Fcssasrpc.dll1.0.1732.022,42412-11 月-201021: 01
Gdiplus.dll5.2.6001.223191,748,99212-11 月-201020: 45
Muauth.cab7,6992010-03-6 月13: 23
Vacatalog_chinesesimplified6,35512-11 月-201021: 00
Vacatalog_chinesetraditional6,35512-11 月-201021: 00
Vacatalog_english6,35512-11 月-201021: 01
Vacatalog_french6,35512-11 月-201021: 01
Vacatalog_german6,35512-11 月-201021: 00
Vacatalog_italian6,35512-11 月-201021: 00
Vacatalog_japanese6,35512-11 月-201021: 00
Vacatalog_korean6,35512-11 月-201021: 01
Vacatalog_spanish6,35512-11 月-201021: 01
Vamanifest_chinesesimplified125,62812-11 月-201020: 52
Vamanifest_chinesetraditional126,03512-11 月-201020: 52
Vamanifest_english134,02412-11 月-201020: 37
Vamanifest_french132,40712-11 月-201020: 53
Vamanifest_german131,53212-11 月-201020: 52
Vamanifest_italian131,11812-11 月-201020: 52
Vamanifest_japanese138,90912-11 月-201020: 52
Vamanifest_korean131,93312-11 月-201020: 52
Vamanifest_spanish131,85412-11 月-201020: 53

MOMAgent.MSI

Microsoft Operations Manager エージェントをインストールするには、展開パッケージのリリースから変更されていません。 インストール パッケージは、MOM 2005 Service Pack 1 でリリースされたバージョンです。 詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

mp_AMBits.MSI

この下位コンポーネントは、Microsoft Forefront クライアント セキュリティ antimalware クライアントをインストールします。 バイナリ バージョンのこの antimalware クライアントのインストール、変更は、次のマイクロソフト サポート技術資料で説明します。
2459065リアルタイム保護失敗、Windows 2000 では、Forefront クライアント セキュリティの適用後 2010年 10 月の更新

WSUS 適用ロジック

前述したように、この更新プログラムは Windows Server 更新サービス (WSUS に) 発行され、コンピューターに Microsoft Update から直接利用できません。 WSUS は、検出ロジックを使用して、コンピューターがこの更新プログラムを受信する必要がありますを決定します。 これを使用するロジックは次のとおりです。
  1. サポートされているオペレーティング システム
    コンピューター オペレーティング システムを Windows 2000 Service Pack 4 を実行しなければなりません。
  2. FCS ポリシーのレジストリ設定
    または、FCS の管理サーバー コンソールによって生成されたクライアントのセキュリティ ポリシーに潜在的なクライアント コンピューターを適用するのには、展開パッケージを既に受信している必要があります。 ポリシーにはパッケージの適用性を決定するときに使用される特定のレジストリ値が含まれています。 さらに、clientsetup.exe を実行すると、レジストリ設定は、コレクション サーバー、クライアントにレポートを確認します。
  3. 次の 3 つのエージェントのすべてのクライアント コンポーネントがインストールされていません
    更新プログラムの検出ロジックはすべて 3 つのクライアント セキュリティのクライアント コンポーネントの (マルウェア対策、セキュリティ状態評価、オペレーション マネージャー 2005年エージェント) を検索します。 これらのコンポーネントが欠落しているし、その他の適用ルールに一致する場合は、更新プログラムが適用され、3 つすべてのコンポーネントをインストールしようとしています。 クライアント コンピューターにインストールされるか 1 つ以上の 3 つのコンポーネントなしのイメージを作成する場合この役に立ちます (たとえばがインストールされている、/NoMOMスイッチ) します。


適応性のロジックが渡されると、クライアント コンピューターはダウンロードし、クライアントのセキュリティ計画ガイドの説明に従って、適切なローカライズ版のクライアント セキュリティ クライアントをインストールhttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=103309は、構成されている Windows のポリシーを更新します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2464613 - 最終更新日: 11/23/2010 18:14:00 - リビジョン: 1.1

  • kbfix kbqfe kbmt KB2464613 KbMtja
フィードバック
/ms.js">