Word 2010 で [文書の読みやすさを評価する] 機能を有効にし、[表記ゆれチェック] を実行すると "メモリ不足" エラーが発生する場合がある

現象
Micosoft Word 2010 で、文章校正オプションの [文書の読みやすさを評価する] 機能が有効になっている場合、本文中に日本語が含まれる文書ファイルに対して [表記ゆれチェック] を実行すると以下のエラー メッセージが表示され、表記ゆれチェックができません。

ディスクの空き容量またはメモリが不足しているため、操作を完了できません。
回避策
この現象を回避するには、以下の手順を実行して、[文書の読みやすさを評価する] 機能を無効にしてください。
  1. [ファイル] メニューから [オプション] をクリックします。
  2. [Word のオプション] 画面の [文章校正] をクリックし、[Word のスペル チェックと文章校正] 項目にある [文書の読みやすさを評価する] のチェック ボックスをオフします。
  3. [OK] ボタンをクリックします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

問題の再現手順

  1. 新規 Word 文書を開き "あいうえお" と入力します。
  2. [ファイル] メニューから [オプション] をクリックします。
  3. [Word のオプション] 画面の [文章校正] をクリックし、[Word のスペル チェックと文章校正] 項目にある [文書の読みやすさを評価する] のチェック ボックスをオンします。
  4. [OK] ボタンをクリックします。
  5. [校閲] タブをクリックし、[表記ゆれチェック] をクリックします。

結果

"ディスクの空き容量またはメモリが不足しているため、操作を完了できません" とエラー メッセージが表示されます。
プロパティ

文書番号:2465746 - 最終更新日: 10/04/2016 14:53:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Word 2010

  • kbharmony kbexpertiseinter kbtshoot kbbug kbnofix kberrmsg kbsetup KB2465746
フィードバック