Windows Embedded Compact 7 のサポートを強化する Visual Studio 2008 SP1 で利用できる更新プログラム

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2468183
はじめに
更新プログラムは Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 (SP1) の Windows 埋め込まれたコンパクト 7 のサポートを拡張します。この更新プログラムを使用すると、Windows 埋め込まれたコンパクト 7 SDK のアクティブ テンプレート ライブラリ (ATL) の機能と Microsoft Foundation クラス (MFC) の機能を持つスマート デバイス プロジェクトをビルドできます。具体的には、この更新プログラムは、次の問題を修正し、次の機能を追加します。

問題 1

SDK を使用する、Windows 埋め込まれたコンパクトな MFC をサポートする Win32 アプリケーションを作成するのには、ビルドの出力には、次のいずれかのような安全でない API 警告が表示されます。
C4996 の警告: 'wcstombs 関数': この関数または変数が安全な可能性があります。Wcstombs_s を代わりに使用してください。廃止を無効にするには、_CRT_SECURE_NO_DEPRECATE を使用します。詳細についてはオンライン ヘルプを参照してください。C:\Program を Visual Studio の 9.0\VC\ce\include\xlocnum


C4996 の警告: 'mbstowcs 関数は': この関数または変数が安全な可能性があります。Mbstowcs_s を代わりに使用してください。廃止を無効にするには、_CRT_SECURE_NO_DEPRECATE を使用します。詳細についてはオンライン ヘルプを参照してください。C:\Program を Visual Studio の 9.0\VC\ce\include\xlocnum


問題 2

Windows Embedded Compact 7 SDK を使用して、ATL と MFC が対応している Win32 スマート デバイス プロジェクトを開発することを想定しています。プロジェクトをビルドすると、Visual Studio 2008 では次のいずれかにのような予期しないビルド エラーや警告が表示されます。
警告 C4985: '_wcstoi64': 属性が前の宣言に存在しません。


エラー C2039: 'lstrlenW': 'ATL' のメンバーではありません


問題 3

/MDコンパイラ オプションを使用して、スマート デバイス プロジェクトの場合、以下のようなビルド エラーが発生します。
エラー LNK2001: 未解決の外部シンボル"はクラスの std::basic_ostream<char,struct> </char,struct> <char> > 対応</char>


エラー lnk2019 エラー: 未解決の外部シンボル"は公開: int 型の _ _cdecl std::ios_base::width(int)


この問題は、Visual Studio 2008年で提供されているヘッダーに埋め込まれたコンパクトな 7 の Windows アプリケーションに必要なヘッダーが一致しないのために発生します。

問題 4

ATL をサポートするスマート デバイス プロジェクトを作成するとします。プロジェクトには、空のバイナリ文字列 (BSTR) のコピー操作が含まれている場合は、生成されたアプリケーションを実行するときに例外が発生しました。

問題 5

ATL と MFC をサポートするスマート デバイス アプリケーションを実行する場合は、ARM プロセッサを使用するデバイスでは、C++ 例外はキャッチされません。

機能 1

この更新プログラムは、Windows 埋め込まれたコンパクト 7 を Visual Studio 2008 SP1 では、ATL、Visual C++ ランタイム ・ ライブラリとヘッダーを拡張します。これにより、Windows 埋め込まれたコンパクト 7 SDK の ATL 機能を持つスマート デバイス プロジェクトをビルドすることができます。

ヘッダー ファイルは、次の場所に更新されます。

32 bitoperating システム。

<system drive="">::</system>\Program Files\Microsoft Visual Studio の 9.0\VC\ce7
64 ビットのオペレーティング システム。
<system drive="">:</system>\Program ファイル (x86) \Microsoft Visual Studio 9.0\VC\ce7

詳細

更新プログラムの情報

この更新プログラムを入手するのには、次のマイクロソフト ダウンロード センター web サイトを参照してください。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、インストールされている Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 (SP1) の Windows 埋め込まれたコンパクト 7 のアプリケーションを開発するためのサポートを追加する更新プログラムが必要です。更新プログラムを入手する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。
2483802 Windows 埋め込まれたコンパクト 7 のサポートを追加する Visual Studio 2008 SP1 の更新プログラムがあります。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。この更新プログラムを適用する前に、Visual Studio のすべてのインスタンスを終了することをお勧めします。

状況
マイクロソフトでは、記載されている問題には、「適用」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題を認識しています。
関連情報
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2468183 - 最終更新日: 05/07/2016 10:44:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1

  • kbexpertiseinter kbfix kbbug kbsurveynew kbmt KB2468183 KbMtja
フィードバック