現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

グループ ポリシーで Office 2010 管理用テンプレートを使って IME 2010 の変換文字制限の設定をしても正しく反映されない

現象
グループ ポリシーで Office 2010 管理用テンプレートを使って Microsoft Office Input Method Editor 2010 (IME 2010) の変換文字制限の設定をしても正しく反映されません。
原因
この現象は、Office 2010 管理用テンプレートの内容に誤りがあるために発生します。
回避策
この現象を回避するには、以下の手順で正しく設定を行うための管理用テンプレートを作成してください。

ADM ファイルを作成する方法 :


  1. [メモ帳] を起動して、以下の内容をコピーして貼り付けます。

    CLASS USER   CATEGORY "Microsoft Office 2010 IME 修正版"     CATEGORY "IME (日本語)"         POLICY "変換する文字コードの範囲を制限する"             KEYNAME "software\policies\microsoft\ime\imejp\14.0\msime"             EXPLAIN "このポリシー設定では、文字フィルターを設定して、変換する文字コードの範囲を制限できます。このポリシー設定を有効にした場合、このポリシー設定で指定された文字コード範囲のみが IME の変換に使用されます。以下の値をビット演算 OR で結合した値を設定して、複数の範囲を指定できます。0x0001 // JIS208 領域0x0002 // NEC 特殊文字コード0x0004 // NEC 選定 IBM 拡張コード0x0008 // IBM 拡張コード0x0010 // 半角カタカナ コード0x0100 // EUDC (外字)0x0200 // S-JIS マップされていない領域0x0400 // Unicode 文字0x0800 // サロゲート文字0xFFFF // 定義なし値の設定は 10 進数で指定します。このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、既定でフィルターが適用される文字コードの範囲はありません。このポリシー設定は、日本語 Microsoft Office IME にのみ適用されます。"                 PART "文字コードの範囲" NUMERIC REQUIRED                     VALUENAME "EnableCodeAreaForConvert"                     DEFAULT 0                     SPIN 1                 END PART         END POLICY     END CATEGORY   END CATEGORY
  2. IME2010.adm または任意の名前で文字コードに Unicode を指定してファイルを保存します。
  3. グループ ポリシーの管理用テンプレートとして追加し、[管理用テンプレート] の [Microsoft Office 2010 IME 修正版]、[IME (日本語)]、[変換する文字コードの範囲を制限する] の順に展開し、設定を [有効] にして文字コードの範囲を指定します。

ADMX ファイルを作成する方法 :


  1. [メモ帳] を起動して、以下の内容をコピーして貼り付けます。
    <policyDefinitions revision="1.0" schemaVersion="1.0">  <policyNamespaces>    <target prefix="fullarmor" namespace="IME14.Office.Microsoft.Policies.Windows" />    <using prefix="windows" namespace="Microsoft.Policies.Windows" />  </policyNamespaces>  <supersededAdm fileName="" />  <resources minRequiredRevision="1.0" />  <categories>    <category name="L_IME2010BugFix" displayName="$(string.L_IME2010BugFix)" />    <category name="L_IMEJA" displayName="$(string.L_IMEJA)">      <parentCategory ref="L_IME2010BugFix" />    </category>  </categories>  <policies>    <policy name="L_RestrictCharacterCodeRangeOfConversion" class="User" displayName="$(string.L_RestrictCharacterCodeRangeOfConversion)" explainText="$(string.L_RestrictCharacterCodeRangeOfConversionExplain)" presentation="$(presentation.L_RestrictCharacterCodeRangeOfConversion)" key="software\policies\microsoft\ime\imejp\14.0\msime" valueName="EnableCodeAreaForConvert">      <parentCategory ref="L_IMEJA" />      <supportedOn ref="windows:SUPPORTED_WindowsVista" />      <elements>        <decimal id="L_RestrictCharacterCodeRangeOfConversionID" key="software\policies\microsoft\ime\imejp\14.0\msime" valueName="EnableCodeAreaForConvert" maxValue="99999" />      </elements>    </policy>  </policies></policyDefinitions>
  2. Microsoft Office IME 2010.admx または任意の名前でファイルを保存します。
    <policyDefinitionResources revision="1.0" schemaVersion="1.0">  <displayName>  </displayName>  <description>  </description>  <resources>    <stringTable>      <string id="L_IME2010BugFix">Microsoft Office 2010 IME 修正版</string>      <string id="L_IMEJA">IME (日本語)</string>      <string id="L_RestrictCharacterCodeRangeOfConversion">変換する文字コードの範囲を制限する</string>      <string id="L_RestrictCharacterCodeRangeOfConversionExplain">このポリシー設定では、文字フィルターを設定して、変換する文字コードの範囲を制限できます。  このポリシー設定を有効にした場合、このポリシー設定で指定された文字コード範囲のみが IME の変換に使用されます。以下の値をビット演算 OR で結合した値を設定して、複数の範囲を指定できます。  0x0001 // JIS208 領域 0x0002 // NEC 特殊文字コード 0x0004 // NEC 選定 IBM 拡張コード 0x0008 // IBM 拡張コード 0x0010 // 半角カタカナ コード 0x0100 // EUDC (外字) 0x0200 // S-JIS マップされていない領域 0x0400 // Unicode 文字 0x0800 // サロゲート文字 0xFFFF // 定義なし  このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、既定でフィルターが適用される文字コードの範囲はありません。  このポリシー設定は、日本語 Microsoft Office IME にのみ適用されます。</string>    </stringTable>    <presentationTable>      <presentation id="L_RestrictCharacterCodeRangeOfConversion">        <decimalTextBox refId="L_RestrictCharacterCodeRangeOfConversionID">文字コードの範囲</decimalTextBox>      </presentation>    </presentationTable>  </resources></policyDefinitionResources>
  3. [メモ帳] を起動して、以下の内容をコピーして貼り付けます。
  4. Microsoft Office IME 2010.admx または任意の名前で文字コードに Unicode を指定してファイルを保存します。
  5. 手順2 で作成した *.admx ファイルを %windir%\policydefinitions フォルダにコピーします。
  6. 手順 4 で作成した *.adml ファイルを %windir%policydefinitions\ja-jp フォルダにコピーします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細

問題の再現手順

  1. Office 2010 の管理用テンプレートに含まれる "office14.adm" または "office14.admx" ファイルを、グループ ポリシーの管理用テンプレートとして追加します。
  2. [管理用テンプレート] の [Microsoft Office 2010]、[IME (日本語)]、[変換する文字コードの範囲を制限する] の順に展開し、設定を [有効] にして文字コードの範囲を指定します。

結果

IME 2010 のプロパティや変換動作に、指定した文字コードの設定が反映されません。
プロパティ

文書番号:2472663 - 最終更新日: 09/20/2016 12:30:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Office Input Method Editor 2010, Microsoft Office 2010 Service Pack 1

  • kbharmony kbexpertiseadvanced kbtshoot kbbug KB2472663
フィードバック
/html>