アプリケーションの任意の Office for Mac 2011 を起動しようとするときにプロダクト キーの入力を繰り返し要求します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2476507
現象
Promptedto がアプリケーションの任意の Office for Mac 2011 を起動しようとすると、プロダクト キーを入力し、プログラムのライセンス認証またはオンラインで製品を購入します。製品はライセンスされている場合でも、このプロンプトが表示されます。

原因
この問題は、Office for Mac 2011 のライセンス ファイルが存在しないため、またはライセンスのインストール ID が Office for Mac 2011 をインストールするコンピューターのインストール ID と一致しないために発生します。これらはシナリオの例があります。
  • ESATA の RAID 5 構成で 4 つのドライブ ・ ユニットを外部接続しています。これは、Office for mac では、サポートされていない構成回避策では、eSATA ではなく、Firewire 800 を使用します。
  • すべての Microsoft Office for Mac 2011年のフォルダーと、別のコンピューターにライセンス ファイルを含むファイルをコピーして、2 番目のコンピューターで Office アプリケーションを起動しようとします。この例では、プログラムと 2 番目のコンピューターの情報が一致しないために、ライセンス情報を求められます。
  • 2011年のフォルダーとファイル、ライセンス ファイルを除くすべての Microsoft Office for Mac を別のコンピューターにコピーして、2 番目のコンピューターで Office アプリケーションを起動しようとします。この例では、プログラムの情報が見つからないために、ライセンス情報を求められます。
  • ライセンス ファイルが破損しています。
  • インストール、Office for Mac が壊れています。
  • コンピューターのハード ディスク ドライブの名前に特殊文字が含まれています。たとえば、名前にはスラッシュが含まれています。
  • 自分のユーザー プロファイルが正しく動作していません。
解決方法
この問題を解決するには、次の方法の 1 つ以上を使用します。

メソッド 1:Remove のライセンス ファイルします。

注: <b>Office for Mac 2011 のライセンス ファイルがコンピューターに存在しない場合は、次の方法に進みます。

Com.microsoft.office.licensing.helper.plistを削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前を"Macintosh HD"となります。
  3. ライブラリを開くし、 LaunchDaemonsを開きます。
  4. Com.microsoft.office.licensing.helper.plistゴミ箱にドラッグします。
Com.microsoft.office.licensing.helperを削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前を"Macintosh HD"となります。
  3. ライブラリを開くし、 PrivilegedHelperToolsを開きます。
  4. Com.microsoft.office.licensing.helperゴミ箱にドラッグします。
Com.microsoft.office.licensing.plistを削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  2. ハード ディスク アイコンをダブルクリックします。既定の名前を"Macintosh HD"となります。
  3. ライブラリを開くし、環境設定を開きます。
  4. Com.microsoft.office.licensing.plistゴミ箱にドラッグします。
問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

方法 2: ハード ディスク ドライブの名前を確認します。

コンピューターのハード ディスク ドライブの名前が正しい名前付け規則に従っていることを確認します。名前にはない containany などの特殊文字、スラッシュ (/) または疑問符 (?) する必要があります。名前は、アルファベットと数字の両方を含める必要があります。ただし、名前は、数値の文字で開始できません。

ハード ディスク ドライブの名前を見つけるには、次の手順を実行します。
  1. すべてのアプリケーションを終了します。
  2. [移動] メニューの [コンピューター] をクリックします。
  3. 一覧で、ハード ディスク ドライブ名を探します。
正しい名前付け規則に依存してハード ディスク ドライブの名前、それ以上の操作の必要はありません。正当なハード ディスク ドライブの名前には、 Macintosh HDまたはMac の HD 1があります。

ハード ディスクのドライブ名が正しい名前付け規則に従っていない場合はそのように変更します。不正なハード ディスクのドライブ名の例は、 1 の Mac の HDになります。


問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

方法 3: 新しいユーザー アカウントを作成します。

場合によっては、特定のユーザー情報が壊れています。この問題は、インストール、開始、またはが正しく動作しないプログラムを防ぐことができます。ユーザー情報が破損しているかどうかを確認するのに新しいユーザーとしてログオンし、管理者の資格情報を持つ新しいユーザー アカウントを作成やプログラムをもう一度テストします。新しいユーザー アカウントを作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2439218 Office for Mac のアプリケーションのトラブルシューティングを行うユーザー アカウントのテスト

注: <b>新しいユーザー アカウントを作成するときは、管理者として作成することを確認します。

問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

方法 4: セーフ モードでアプリケーションを実行します。

セーフ モードでコンピューターを再起動し、アプリケーションの任意の Office for Mac 2011 を起動します。詳細については、コンピューターの insafe モードを再起動する方法について、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには次の資料番号をクリックします。

2398596 バック グラウンド プログラムが Office for Mac に干渉してかどうかを判断するのにはクリーン ブート (セーフ ブート) を実行します。

問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

方法 5: を削除し、Office for Mac を再インストール

削除し、Office for Mac 2011 を再インストールする方法の詳細については、以下の資料、マイクロソフト サポート技術情報番号をクリックします。

2398768 Office for Mac 2011 を完全に削除する方法
重複する画面の検証を続行する複数回のループを繰り返します

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2476507 - 最終更新日: 10/07/2015 20:08:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Excel 2011 for Mac, Microsoft Outlook 2011 for Mac, Microsoft Word 2011 for Mac, Microsoft PowerPoint 2011 for Mac, Microsoft Office for Mac Home and Business 2011, Microsoft Office for Mac Home and Student 2011

  • dftsdahomeportal kbmt KB2476507 KbMtja
フィードバック