現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

PRB: データ ツールを使用して Oracle の一元的なデータベース ダイアグラムの共有

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:247828
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
異なるログインを使用して Oracle データベース内で集中化されたデータベース ダイアグラムを共有しようとすると、ユーザーが表示し、データベース ダイアグラムにアクセスできなくなります。

注: Oracle の強力な知識は、この資料の内容を理解するお勧めします。
原因
データベース ダイアグラム (は、Oracle がサポートされています) 間でスキーマのアクセス許可をサポートしません。
解決方法
ほとんどの組織では、1 つのログイン名とパスワードは、特定のアプリケーション用のスキーマを所有しているがあります。そのログインが保護されている、指定したユーザーのみにアクセスがあります。これは、Visual InterDev がサポートされているシナリオではありません。

回避策は、スキーマの所有者のユーザー ID とパスワードを使用するのには、集中化されたデータベース ダイアグラムへのアクセスが必要なユーザーです。
状況
この現象は、データ ツールの仕様です。
詳細
Oracle では、MICROSOFTDTPROPERTIES テーブルが各スキーマ (たとえば、ユーザー名) の Microsoft SQL Server 内の各データベースの DTPROPERTIES テーブルがあると同じ方法で。データベース ダイアグラムのテーブル間スキーマをサポートしていないため (つまり、Joe.Table1、図では、Mary のスキーマにすることはできません)、ダイアグラム全体の Oracle データベースの場所で集中管理を実現する方法はありません。これは、SQL Server と Oracle の基本的な違いです。SQL Server サーバーがそれぞれ異なるユーザーが所有するオブジェクトを持つことができます、複数のデータベースがあるに対し、Oracle サーバーに 1 つのデータベースに複数のスキーマがあります。

MICROSOFTDTPROPERTIES と呼ばれるテーブルを作成するほかに Oracle データ ツールを使用すると、2 つのプロシージャも作成します。
DT_DROPUSEROBJECTBYID
DT_SETPROPERTYBYID
また、DT_ADDUSEROBJECT 呼び出される関数が作成されます。

類義語の上記の表の作成、ストアド プロシージャ、関数、および管理者権限を割り当てることが機能しません。最初は、それに動作します。ただし、その後のアクセス後、集中化されたデータベース ダイアグラムには、これらのアクセス許可をリセットする必要があります。
kbOracle kbvisID600

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:247828 - 最終更新日: 02/23/2014 13:57:15 - リビジョン: 5.0

  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB247828 KbMtja
フィードバック