現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

MAPI クライアントを Exchange サーバーで Windows 7 を実行しているコンピューターでは、ISA Server 2006 ベースの VPN 接続を介して内部ネットワークに接続していません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2478307
現象
以下のシナリオを考えます。:
  • Windows 7 を実行しているコンピューターがあります。 は、EnableAuthEpResolutionポリシーは、次のレジストリ サブキーには、コンピューター上で有効になります。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\RPC
  • 内部ネットワークを通じてマイクロソフトのインターネット セキュリティとアクセラレータ (ISA) Server 2006 に VPN 接続が確立します。
  • 内部ネットワークにアクセスするには、VPN 接続を使用しています。
  • Microsoft Exchange Server メッセージング API (MAPI) クライアントを使用して、Exchange サーバーは、内部ネットワークに接続しようとします。 たとえば、Outlook を使用して、Exchange サーバーに接続しようとします。
このシナリオでは、MAPI クライアントは、Exchange サーバーに接続されません。 そのため、送信またはメールを受信することはできません。
原因
この問題は発生するため、EnableAuthEpResolutionポリシーは、RPC エンドポイント マッパー クライアント認証用のグループ ポリシー オブジェクト (GPO) の一部です。

場合は、EnableAuthEpResolutionポリシーが有効で、ISA Server がパケットを破棄WSA_RWS_CONNECTION_KILLED. そのため、ISA のリモート プロシージャ コール (RPC) フィルターは、RPC プロトコル違反が接続を削除します。
解決方法
この問題を解決するには、以下のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されている修正プログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
2475184ISA Server 2006 の修正プログラム パッケージの説明: 2010 年 12 月
状況
マイクロソフトでは、「以下の製品について」の項目に記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています。。
回避策
この問題を回避するには、次のレジストリ キーへの値を変更します。0Windows 7 を実行しているコンピューターで。
HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows NT\EnableAuthEpResolution
関連情報
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2478307 - 最終更新日: 12/24/2010 08:41:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2478307 KbMtja
フィードバック