[FIX] マージ エージェントを停止および行 4 genstatus 列、msmerge_genhistory のシステム テーブル内に設定されている場合「マージ プロセスの行のデータにアクセスできませんでした」のエラーが発生します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2478514

マイクロソフトや Microsoft SQL Server 2008 SQL 2008 R2 として 1 つのダウンロード可能なファイルが修正されます。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、前 SQL Server 2008年、SQL 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
Microsoft SQL Server 2008 SQL Server 2008 R2 での web 同期を使用して、マージ レプリケーションを作成します。マージ エージェントは、ダウンロード適用されませんまたは、データベースに変更をアップロードを確認します。この問題が発生すると、マージ エージェント詳細ログ ファイルには、次のパターンのようなエラー メッセージが記録されます。
OLE DB サブスクライバー 'サブスクライバー': {sp_MSgetonerow を呼び出す (?、?、?)}
OLE DB サブスクライバー 'サブスクライバー': {sp_MSenumcolumns を呼び出して (?、?)}

マージ プロセスは 'サブスクライバー' で行データにアクセスできません。トラブルシューティングを行うには、するには、書き込み先の出力ファイルを指定、詳細な履歴ログとの同期を再開や、障害の原因を特定するのには、プロファイラーの SQL ユーティリティを実行します。
重要です この問題が発生している、ある行が表示されますを確認するのには genstatus 列には、 msmerge_genhistory システム テーブルです。これらの行を設定するには 4.一般的なのですが genstatus 列を設定する 4 エージェントがデータを挿入するときにします。ただし、エージェントが中断になる可能性があります、 genstatus 列を設定するのには 4.は、 genstatus 列を設定するのには 4 エージェントを実行後に処理されます。エージェントを再度実行しようとした場合ただし、このシナリオでは、ここに記載されているメッセージのようなエラー メッセージを停止します。
解決方法
この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 年にこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2498535 SQL Server 2008 Service Pack 2 用の累積的な更新パッケージ 3
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
956909 SQL Server の 2008 SQL Server 2008年のリリース以降後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008年の R2 Service Pack 1

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 の累積的な更新 1 でまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2544793 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2567616 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008 R2 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 R2

この問題に対する修正は累積的な更新プログラム 7 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2507770 累積的な更新プログラム パッケージ 7 SQL Server 2008年の R2 の
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
981356 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008年の R2 のリリース以降後にリリースされたビルドします。

状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
マージ レプリケーションの web 同期の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) web サイトを参照してください。変更されるファイルの詳細については、この Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新プログラム パッケージを適用するのには、前提条件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2498535 SQL Server 2008 Service Pack 2 用の累積的な更新パッケージ 3
関連情報
SQL Server 2008 年のリリース後利用可能なビルドの一覧の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
956909 SQL Server の 2008 SQL Server 2008年のリリース以降後にリリースされたビルドします。
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2478514 - 最終更新日: 07/07/2011 07:43:00 - リビジョン: 5.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2478514 KbMtja
フィードバック