現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

DNS サーバー公開ルールは Forefront TMG 2010 を使用して公開されている DNS サーバーの停止します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2484988
現象
Microsoft Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG で) 2010年は、サーバー公開ルールを使用して、ドメイン ネーム システム (DNS) サーバーが発行されると、公開ルールが正しく動作しないことがあります。 したがって、着信ユーザー データグラム プロトコル (UDP) の DNS トラフィックが公開されたサーバーに転送されません。 この問題はランダムに発生します。
原因
この問題は発生するためにWSAENETRESETエラーが発生すると、recv操作は、インターネット直面公開のソケットで完了します。 また、Forefront TMG 2010 別作成しませんrecvこのエラーが含まれている、完了した操作を補うためには、[操作] をクリックします。 したがって、データ位置をポンプします。

メモ
  • WSAENETRESET時間 (TTL) 値には、UDP ソケットのときを超えた場合を示します。
  • UDP 規格では、いずれかの検出、エラーが発生して停止ことは、データ ポンプ、ソケットを閉じることで、エラーの原因がない場合の操作が完了しました。
解決方法

情報を更新します。

この問題を解決するには、以下のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料に記載されているソフトウェア更新プログラムをインストールします。
2475183Forefront 脅威管理ゲートウェイ (TMG) 2010 Service Pack 1 のソフトウェアの更新 1 ロールアップ 2

状況
マイクロソフトでは、「以下の製品について」の項目に記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています。。
詳細
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
詳細については、recv機能は、次のマイクロソフト Web ページを参照してください。
カーネル モード データ ポンプの詳細については、文書を表示するのには、次のダウンロード リンクをクリックします。
TMG DNS の公開停止します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2484988 - 最終更新日: 01/11/2011 03:00:00 - リビジョン: 2.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2484988 KbMtja
フィードバック