Internet Explorer 8 で Office 365、Azure、Intune に接続時に新しいタブやウィンドウを開くと、もう一度認証する必要がある


現象
Office 365、Microsoft Azure、または Microsoft Intune ユーザーが Windows Internet Explorer 8 を使用して電子メール メッセージにアクセスするか、認証の必要な Secure Sockets Layer (SSL) Web サイトにログオンします。Web サイトで新しいタブやウィンドウを開くと、再認証するよう求められます。
原因
Internet Explorer 8 が新しいタブや新しいウィンドウに対し新しい処理を実行すると、この問題が発生します。この場合、新しいタブや新しいウィンドウの SSL セッションの状態は共有されず、再度認証ダイアログ ボックスが表示されます。
解決方法
この問題を解決するには、以下の Microsoft KB 資料に記載されている修正プログラムをインストールする必要があります。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、以下のオペレーティング システムのいずれかを実行しているコンピューターに Internet Explorer 8 をインストールする必要があります。 
  • Windows Vista Service Pack 1
  • Windows Server 2008
  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
追加情報
Office 365 の要件の詳細については、「Office のシステム要件」を参照してください。

その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。または、Azure Active Directory フォーラム Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2486120 - 最終更新日: 01/19/2016 06:44:00 - リビジョン: 11.0

Microsoft Azure Active Directory, Microsoft Intune, CRM Online via Office 365 E Plans, Microsoft Azure Recovery Services, Microsoft Exchange Online, Windows Internet Explorer 8, Microsoft Azure Cloud Services, Office 365 User and Domain Management, Office 365 Identity Management

  • o365 o365p o365e o365a o365022013 o365m KB2486120
フィードバック