[WD2000]段組みが設定された文書で表が繰り返し表示される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP248651
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料は、Word 2000 において、段組みの設定されている文書で表が繰り返し表示される現象について説明しています。
現象
段組みが設定された文書で、Word の表のセルが、最後のページ上の表のセル、または最後のページ以降に追加されるページ上の表のセルに繰り返して表示されます。最後のページには、複製されたセルまたは列だけが表示される場合もあります。文書をスクロールしていくと、特に最後のページとその前のページでは、スクロール中に列が再表示されたり消えたりするなど、別の現象が発生する場合もあります。他にも、表の最後にある 1 つまたは複数の空の列に、タイトル行だけが繰り返して表示されることがあります。
原因
この問題は、次のすべての条件を満たす場合に発生します。
  • 文書に 2 段以上の段組みが設定されている。
  • 表のタイトル行がすべてのテキスト列の先頭で繰り返されている。
  • いずれかのセルに自動改ページが含まれている。
状況
この問題は、Microsoft Office 2000 Service Pack 2 (以下 Office 2000 SP-2) で修正しました。
回避策
この問題は Office 2000 SP-2 を適用することで解決できます。なお、このアップデートは、Office 2000 Service Release 1 (以下 Office 2000 SR-1) を対象とします。本修正プログラムをご利用になる前に、まず Office 2000 SR-1 を入手してください。Office 2000 SR-1 についての情報は以下のマイクロソフト Web サイトのページに記載されています。Office 2000 SP-2 はマイクロソフトの Web サイトからダウンロードできます。以下のページを表示し、記載内容にしたがって修正プログラムをダウンロードしてください。
詳細

再現手順

  1. Word 2000 を起動します。
  2. [書式] メニューの [段組み] をクリックします。
  3. [2 段] を選択し、[OK] をクリックします。
  4. 1 列 2 行の表を挿入します。
  5. 最初の行に「見出し」と入力します。
  6. 最初の行を選択し、[罫線] メニューの [タイトル行の繰り返し] をクリックします。
  7. 2 番目のセルに、テキストを 3 行入力します。
  8. [段落番号] ボタンをクリックして、セルに番号を付けます。

    注意 : これは問題の再現には必要ない操作ですが、この番号があると複製されたセルを確認しやすくなります。
  9. 2 番目のセルをコピーして、70 回程度貼り付けます。(これで 1 列 72 行の表になります。)
  10. 1 ページ目の最後のセルに改ページが含まれているかどうかを確認します。含まれていない場合は、自動的に改ページが行われるまで、そのセルにテキストを入力します。
  11. 印刷レイアウト モードまたは印刷プレビューに切り替え、文書内の最後のページとその前のページを見ます。

結果

最後から 2 番目のページのセルが最後のページに複製されています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 248651(最終更新日 2001-03-26) をもとに作成したものです。

word2000 word2k wd2000 wd2k table problem
プロパティ

文書番号:248651 - 最終更新日: 02/23/2014 16:18:20 - リビジョン: 1.2

  • Microsoft Word 2000
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix wd2k wd2000 columns table 繰返 o2ksp2fix 段組 repeat heading 表 rows KB248651
フィードバック