お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

情報: ディレクトリの暗号化を理解します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

248723
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft Windows 2000 および Microsoft Windows XP は、ファイルと NTFS ボリューム上のディレクトリを暗号化する機能を提供します。 ファイルとは異なり、内容とディレクトリのストリームは暗号化されません。 代わりに、ディレクトリは暗号化されて、ファイル、ディレクトリ内に自動的に暗号化されます。 ここでは暗号化がディレクトリに適用する方法について説明します。
詳細
Windows 2000 および Windows XP で、NTFS ファイル システムは、 EncryptFile() 関数を持つファイルの内容を暗号化する機能を Win32 プログラムに提供します。 EncryptFile() は、コンピューターと、呼び出し側プロセスのファイル暗号化キーにインストールされた暗号サービス プロバイダーを使用して指定したファイルのすべてのストリーム暗号化します。 ファイルを暗号化したアカウントだけが解読になります。

ディレクトリ EncryptFile() への呼び出しで指定することがディレクトリの内容はしない暗号化され、ディレクトリに追加のストリームの場合、ストリームは暗号化されません。 EncryptFile() がディレクトリに呼び出されると、NTFS をディレクトリに、 暗号化 の属性 (FILE_ATTRIBUTE_ENCRYPTED) を追加します。 暗号化 属性を持つディレクトリは暗号化されたディレクトリ: と呼ばれます

暗号化されたディレクトリに追加されたファイルは自動的に暗号化しない場合既に暗号化されています。 暗号化されたディレクトリに追加されたサブディレクトリは、 暗号化 属性を受け取ります。 その 暗号化 属性が設定された前に、のディレクトリ内に存在するファイルは影響しません。 暗号化属性が自動的に暗号化される新しいファイルはことはありませんファイルから復号化されています。 辞め個別に DecryptFile() 関数を使用します。 暗号化されたディレクトリから移動すると自動的に暗号化されたファイルは解読できません。

NTFS は暗号化されないため、内容や、アクセスすべてのユーザー リストのディレクトリ (ディレクトリのセキュリティ記述子に DACL で定義) にディレクトリのストリーム (存在する場合) は内容を表示します。 また、ディレクトリを保護するもする必要があります設定、DACL ディレクトリのセキュリティ記述子で適宜。
EFS 暗号化解読

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:248723 - 最終更新日: 02/23/2014 16:18:28 - リビジョン: 4.1

  • Microsoft Win32 Application Programming Interface
  • Microsoft Win32 Application Programming Interface
  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbkernbase kbsecurity kbfileio kbmt KB248723 KbMtja
フィードバック