マクロを含んだ特定の Excel ファイルが XLSTART フォルダーに置かれている場合、Excel 2010 が前回終了時のウィンドウ サイズで起動しない

現象
ワークブックが非表示になっているマクロを含んだ Excel ファイルが、XLSTART フォルダーに置かれている場合、前回終了時にウィンドウが最大化されていた場合でも、Microsoft Excel 2010 が最大化されたウィンドウ サイズで起動しません。

たとえば、個人用マクロ記録ブック (PERSONAL.XLSB) を使っている場合や、XLSTART フォルダーに Excel アドインを置いている場合に、この現象が発生します。

なお、この現象が発生した際は、XLSTART フォルダーにある、他のファイル (Book.xltx などの新規ワークブックのテンプレートとして利用するファイル) が読み込めない場合があります。
回避策
この現象を回避するには、以下のいずれかの方法を実行してください。

方法 1 : XLSTART フォルダーに置かれている、ワークブックが非表示になっているマクロを含んだ Excel ファイルを開き、ワークブックを表示した状態に変更して保存する

方法 2 : ワークブックが非表示になっているマクロを含んだ Excel ファイルを、XLSTART フォルダーから別の場所に移動する
補足 : XLSTART フォルダーに配置した Excel アドインが原因の場合は、以下の手順を実行することで、本現象を回避し、かつアドインを有効にすることが可能です。
  1. Excel アドインを以下のフォルダーに移動します。

    C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\Library
  2. Excel 2010 を起動します。
  3. [ファイル] タブの [オプション] から [アドイン] を選択します。
  4. [管理] 項目で [Excel アドイン] をクリックし [設定] ボタンをクリックします。
  5. [有効なアドイン] 一覧から該当のアドインのチェック ボックスをオンにします。
  6. [OK] をクリックし、[アドイン] 画面を閉じます。
状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
詳細

問題の再現手順

  1. Excel 2010 を起動します。
  2. Alt + F11 キーを押し、Visual Basic Editor を起動します。
  3. [挿入] メニューの、[標準モジュール] をクリックします。
  4. [Module 1] に任意のコードを入力します。ここでは、例として以下のコードを入力します。

    Option Explicit
  5. Visual Basic Editor の [ファイル] メニューの [終了して Microsoft Excel へ戻る] をクリックします。
  6. [ファイル] タブの [名前を付けて保存] をクリックし、以下のいずれかの形式でファイルを保存をして閉じます。
    • Excel アドイン (*.xlam)
    • Excel 97-2003 アドイン (*.xla)
  7. 手順 6 で保存したアドイン ファイルを以下の XLSTART フォルダーに移動させます。

    C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\XLSTART
  8. Excel 2010 を起動し、ウィンドウ サイズを最大化します。
  9. Excel 2010 を一旦終了し、再度 Excel 2010 を起動します。

結果

Excel 2010 のウィンドウが最大化して起動されません。
プロパティ

文書番号:2487553 - 最終更新日: 10/04/2016 15:07:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Excel 2010

  • kbharmony kbexpertiseinter kbtshoot kbbug KB2487553
フィードバック