Office 365 管理者が、外部受信者宛ての電子メールに Winmail.dat 添付ファイルを含まないようにフォーマットを指定する方法

はじめに
本資料には、Office 365 ユーザーから外部受信者へ送信されるメッセージに Winmail.dat ファイルを含まないように、Office 365 管理者がメッセージのフォーマットを変更する方法について記載されています。

既定では、Office 365 の Exchange Online から送信する電子メール メッセージは Transport Neutral Encapsulation Format (TNEF) フォーマットを使用します。Microsoft Exchange 以外のメッセージング システムでは、このリッチ テキスト フォーマットで送信されたメッセージを扱えない可能性があります。受信者のメッセージング システムがこのフォーマットを処理できない場合、Winmail.dat という添付ファイルが当該メッセージに追加されます。

Office 365 管理者は、Winmail.dat ファイルが外部受信者へ送信されないよう Windows PowerShell を使用してメッセージ フォーマットを変更できます。

手順
メッセージのフォーマットを変更するには以下の いずれかの方法に従ってください。

シナリオ 1: 外部連絡先宛てのメッセージ フォーマットを変更する

Exchange Online に追加された外部連絡先宛てのメッセージ フォーマットを変更するには、次の手順を実行します。
  1. リモート PowerShell を使用し、Exchange Onlineに接続します。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  2. 以下の Windows PowerShell コマンドを実行し、メッセージのフォーマットをテキストのみに構成します。

    Set-MailContact <ExternalEmailAddress or GUID> -UseMapiRichTextFormat Never
    Set-MailContact -Identity <ExternalEmailAddress or GUID> -UsePreferMessageFormat $True

  3. 以下の Windows PowerShell コマンドを実行し、メッセージ フォーマットが適用されたことを確認します。

    Get-MailContact | Select <ExternalEmailAddress or GUID> | Select UseMapiRichTextFormat

シナリオ 2: 特定のドメインへ送信するすべてのメッセージ フォーマットを変更する

この方法では、外部ドメイン宛てメッセージをどのように送信するかを管理するために Exchange Online にリモート ドメイン オブジェクトを作成する必要があります。共存ドメインへ送信するメッセージのフォーマットを変更する際にもこの方法を使用します。
  1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online へ接続します。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
  2. 以下の Windows PowerShell コマンドを実行し、外部ドメイン用にリモート ドメインを作成します 。
    New-RemoteDomain -Name <Name of External Domain> -DomainName <External Domain>
  3. 以下の Windows PowerShell コマンドを実行し、リッチ テキスト フォーマットでのメッセージが送信を禁止します 。
    Set-RemoteDomain -Identity <Name of Domain> -TNEFEnabled $false
  4. 以下の Windows PowerShell コマンドを実行し、設定が適用されたか確認します 。
    Get-RemoteDomain -Identity <Name of Domain> | Select TNEFEnabled
追加情報
特定の Windows PowerShell コマンドレットの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:2487954 - 最終更新日: 11/20/2015 09:17:00 - リビジョン: 25.0

Microsoft Exchange Online

  • o365 o365a o365e o365p o365022013 o365m KB2487954
フィードバック