修正: SQL Server 2008 R2 Reporting Services のレポートの式で"URL に移動"アクションが含まれている場合、SharePoint 統合モードでのレンダリング パフォーマンス低下

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2492329

Microsoft Microsoft SQL Server 2008 R2 の修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 のレポート サービス (SSRS) インストールし、SharePoint 統合モード用に構成します。
  • SharePoint ドキュメント ライブラリにレポートを配置します。
  • レポートに Tablix データ領域が含まれています。テキスト ボックス、Tablix、内側は、このテキスト ボックスには、定義を URL に移動します。 Tablix のアクション式として。
  • 式で rsViewerpage.aspx を使用して別のレポートへのハイパーリンクを作成、 URL に移動します。 次の例のように式:
    "http://= =サーバー名/_layouts/ReportServer/RSViewerPage.aspx?rv:RelativeReportUrl=/Shared ドキュメント/社員売り上げ高] 集計 2008.rdl」
  • SharePoint 統合モードでレポートをレンダリングします。
このシナリオでは、レポートのレンダリング パフォーマンスはネイティブ モードでは、レンダリングのパフォーマンスよりもかなり低速です。さらに、多くの「使用」のエラー レポート サービスのログに書き込まれます。
原因
この問題は、ここには SSRS SharePoint 統合モードでのエラーのため発生します。RsViewerpage.aspx が含まれている各 Tablix のテキスト ボックスに URL に移動します。式は、SharePoint オブジェクト モデルを呼び出すしようとします。ただし、この呼び出しを「使用」エラーで失敗します。そのため、多数のテキスト ボックスを表示するのには、このような場合、パフォーマンスの低下が発生します。
解決方法

累積的な更新プログラムの情報

この問題に対する修正は累積的な更新 6 で初めてリリースされました。SQL Server 2008 R2 でこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2489376 累積的な更新プログラム パッケージ 6 SQL Server 2008年の R2 の
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 R2 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
981356 SQL Server 2008年の R2 SQL Server 2008年の R2 のリリース以降後にリリースされたビルドします。

状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
SharePoint ドキュメント ライブラリでレポートを直接レポートの URL パラメーターを渡す方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。URL へのハイパーリンクを追加する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2492329 - 最終更新日: 07/07/2011 08:20:00 - リビジョン: 3.0

  • kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2492329 KbMtja
フィードバック