現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

更新があるに追加する新しいパラメーター Host Integration Server 2010年環境で SSIS パッケージ内のエラーのリダイレクトを有効にするのには、接続文字列に

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2503205
概要
この資料では新しい提供する更新プログラムを説明します。 高速読み込みを最適化します。Microsoft Host Integration Server の 2010 年と Microsoft SQL Server の R2 の機能パックのデータ プロバイダーで利用可能な DB2 v3 のバージョンの Microsoft OLE DB プロバイダーを追加接続文字列パラメーター。新しい高速読み込みを最適化します。 パラメーター SQL Server の統合サービス (SSIS) パッケージ内のエラーのリダイレクトを有効に。これは、行が行の挿入、更新、または DB2 からを削除すると、エラーが発生したときにリダイレクトされるようにできます。
詳細
有効にするのには 高速読み込みを最適化します。 パラメーター Host Integration Server 2010年および OLE DB プロバイダーの DB2 の v3 は、設定する必要があります。 高速読み込みの最適化 = True.既定のパラメーター設定です。 高速読み込みを最適化します false の場合。.このパラメーターと共に使用されます、 アクセス モード = の高速読み込みを使用して OpenRowset SSIS パッケージ内に含まれる ◇

場合は、 高速読み込みを最適化します。 パラメーターは、次のアクションが発生した有効になります。
  • エラーのリダイレクトが有効になります。
  • 実行すると、まず、SSIS パッケージは、 高速読み込みの最適化 = True ですが有効な場合は、最適なサイズを提供するエラー メッセージを受け取ることがあります、 FastLoadMaxInsertCommitSize SSIS パッケージでオプションです。たとえば、送信される実際のデータによっては、次のようなエラー メッセージが表示にされます。

    [OLE DB 変換先 [344]
    エラー: SSIS
    エラー コードは DTS_E_OLEDBERROR です。OLE DB エラーが発生しました。
    エラー コード: 0x80040E14。OLE DB レコードがあります。
    ソース:"Microsoft DB2 OLE DB プロバイダー"
    Hresult: 0x80040E14
    説明:
    "バッチのサイズ nnnn 出力先テーブルの大きすぎます。エラー ・ リカバリが高速読み込みを有効にするには、コミットのバッチ サイズに設定します。 nn.

    設定するのには FastLoadMaxInsertCommitSize SSIS パッケージでオプションが正しく、[バッチ コミット サイズ] の値は、このオプションを設定、エラー メッセージに記載されています。このエラー メッセージは、 nn プレース ホルダーは、この値を表します。

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

Microsoft Host Integration Server 2010年および Microsoft OLE DB プロバイダーは、DB2 の v3 のこの修正プログラムを適用するインストールが必要です。

情報を再起動します。

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

置き換えに関する情報

この修正プログラムは、次の修正プログラムが置き換えられます。
2437104 更新プログラムを Microsoft OLE DB プロバイダー DB2 v3 と Host Integration Server 2010年クライアントがトランザクションの負荷分散を有効にするのには

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
Microsoft Host Integration Server の 2010 年は、32 ビット版
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Db2oledb.dll8.5.4274.2640,84817-3 月-2011 12: 23x 86
Ddmstr.dll8.5.4274.267,40817-3 月-2011 12: 23x 86
Ipresync.dll8.5.4274.2526,16817-3 月-2011 12: 23x 86
Microsoft.hostintegration.dataaccesslibrary.dll8.5.4274.21,300,37617-3 月-2011 12: 23x 86
Microsoft.hostintegration.drdalink.dll8.5.4274.258,76017-3 月-2011 12: 23x 86
Microsoft.hostintegration.msdb2client.dll8.5.4274.2255,88817-3 月-2011 12: 23x 86
Microsoft.hostintegration.msdb2entityclient.dll8.5.4274.2395,16017-3 月-2011 12: 23x 86
Microsoft.hostintegration.msdb2entityclient.dll8.5.4274.2395,16017-3 月-2011 12: 23x 86
Microsoft.hostintegration.mshostfileclient.dll8.5.4274.2194,45617-3 月-2011 12: 23x 86
Msdrda.dll8.5.4274.2976,72017-3 月-201112: 23x 86
Microsoft Host Integration Server の 2010 年は、64 ビット版
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Db2oledb.dll8.5.4274.2640,84817-3 月-2011 12: 34x 86
Db2oledb.dll8.5.4274.2897,87217-3 月-2011 12: 34x64
Ddmstr.dll8.5.4274.255,63217-3 月-2011 12: 34x64
Ddmstr.dll8.5.4274.267,40817-3 月-2011 12: 34x 86
Ipresync.dll8.5.4274.2717,65617-3 月-2011 12: 34x64
Microsoft.hostintegration.dataaccesslibrary.dll8.5.4274.21,300,37617-3 月-2011 12: 34x 86
Microsoft.hostintegration.drdalink.dll8.5.4274.258,76017-3 月-2011 12: 34x 86
Microsoft.hostintegration.drdalink.dll8.5.4274.269,00017-3 月-2011 12: 34x64
Microsoft.hostintegration.msdb2client.dll8.5.4274.2255,88817-3 月-2011 12: 34x 86
Microsoft.hostintegration.msdb2entityclient.dll8.5.4274.2395,16017-3 月-2011 12: 34x 86
Microsoft.hostintegration.mshostfileclient.dll8.5.4274.2194,45617-3 月-2011 12: 34x 86
Msdrda.dll8.5.4274.21,695,56817-3 月-2011 12: 34x64
Msdrda.dll8.5.4274.2976,72017-3 月-201112: 34x 86
Microsoft OLE DB プロバイダーの DB2 v3 は、x86 ベースの
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Db2oledb.dll8.0.4312.0628,56018-3 月-2011 17: 07x 86
Ddmstr.dll8.0.4312.067,40818-3 月-2011 17: 07x 86
Microsoft.hostintegration.dataaccesslibrary.dll8.0.4312.0788,37618-3 月-2011 17: 07x 86
Msdrda.dll8.0.4312.0902,99218-3 月-201117: 07x 86
DB2 v3 は、x64 ベースの Microsoft OLE DB プロバイダー
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Db2oledb.dll8.0.4312.0628,56018-3 月-2011 17: 08x 86
Db2oledb.dll8.0.4312.0880,97618-3 月-2011 17: 08x64
Ddmstr.dll8.0.4312.055,63218-3 月-2011 17: 08x64
Ddmstr.dll8.0.4312.067,40818-3 月-2011 17: 08x 86
Microsoft.hostintegration.dataaccesslibrary.dll8.0.4312.0788,37618-3 月-2011 17: 08x 86
Msdrda.dll8.0.4312.01,553,23218-3 月-2011 17: 08x64
Msdrda.dll8.0.4312.0902,99218-3 月-201117: 08x 86
Microsoft OLE DB プロバイダーの DB2 の v3 の IA x64 ベース
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Db2oledb.dll8.0.4312.01,721,16818-3 月-201117: 09IA-64
Db2oledb.dll8.0.4312.0628,56018-3 月-2011 17: 09x 86
Ddmstr.dll8.0.4312.061,26418-3 月-201117: 09IA-64
Ddmstr.dll8.0.4312.067,40818-3 月-201117: 09x 86
Microsoft.hostintegration.dataaccesslibrary.dll8.0.4312.0788,37618-3 月-2011 17: 09x 86
Msdrda.dll8.0.4312.02,440,01618-3 月-2011 17: 09IA-64
Msdrda.dll8.0.4312.0902,99218-3 月-2011 17: 09x 86
メモ ファイルの依存関係のため、これらのファイルを含む最新の修正プログラムも追加ファイルを含めることができます。

関連情報
IBM DB2 z とオペレーティング システムとの接続時にバッチを使用する方法の詳細についてを挿入するため、「合理的な数の行を選択する」のトピックを参照してください"第 10 章: プログラミング手法の詳細"のタイトルになります、IBM 接続できる"DB2 UDB for Z/OS: アプリケーション デザインは、高いパフォーマンスと可用性。"。

メモ IBM は、100 を超える行をバッチで送信を推奨していません。

この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。明示、黙示、パフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わない。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2503205 - 最終更新日: 07/18/2011 18:03:00 - リビジョン: 1.0

  • kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB2503205 KbMtja
フィードバック
+ (window.location.protocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");