SF_NOTIFY_AUTH_COMPLETE ハンドラで、送信したコンテンツが失われる

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP250397
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
SF_NOTIFY_AUTH_COMPLETE ハンドラ内で、POST 要求を Internet Server Application Programming Interface (ISAPI) フィルタからリダイレクトすると、送信されたコンテンツをリダイレクト先のスクリプトで利用できません。
解決方法

Windows 2000

この問題を解決するには、Windows 2000 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
260910 最新の Windows 2000 Service Pack の入手方法
状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しております。
詳細
SF_NOTIFY_AUTH_COMPLETE ハンドラ内で、POST 要求を ISAPI フィルタからリダイレクトすると、送信されたコンテンツをリダイレクト先のスクリプトで利用できません。リダイレクト先が CGI スクリプトの場合、以下のエラーが発生します。
502 error: cgi time out
この現象は、環境変数 CONTENT_LENGTH が正しく設定されていても発生します。送信されたデータは STDIN から利用することはできません。

詳細
この資料は、米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 250397 (最終更新日 2000-07-27) を基に作成したものです。

プロパティ

文書番号:250397 - 最終更新日: 02/10/2014 01:42:07 - リビジョン: 1.2

  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • kbnosurvey kbarchive win2000presp1fix kbqfe KB250397
フィードバック