現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

改良された HTTP スタックの遅延 4 4.0.60129.0 のバージョンの Silverlight を利用する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2505882

はじめに

新機能 Microsoft Silverlight 4 版 4.0.60129.0 HTTP スタックの遅延を改善する、90% まで、Silverlight のネットワーク ・ レーテンシーを向上させるし、4.0.60129.0 に構築されたアプリケーション用に設計されていますランタイムのバージョン。この機能を使用するには、4.0.60129.0 を必要とするアプリケーションを更新します。 silverlight ランタイムのバージョン。
詳細

必要なランタイムのバージョンの開発環境でアプリケーションを変更する方法

開発環境のバージョンを変更するには、編集、ReferenceAssembliesレジストリ キーです。

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動し、次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SDKs\Silverlight\v4.0\ReferenceAssemblies
  2. 編集SLRuntimeInstallVersionその値を変更することで4.0.60129.0.

必要なランタイム バージョンは既にコンパイルが個別のアプリケーションを変更する方法

既にコンパイルが個別のアプリケーションのバージョンを変更するには、変更をRuntimeVersionAppManifest.xml ファイル内の値4.0.60129.0.

これを行うには、次の手順を実行します。
  1. .Xap ファイルに .zip 拡張子を追加します。
  2. 新たに名前の付いた .zip ファイルを開くし、AppManiest.xml ファイルを抽出します。

    メモWindows エクスプローラーとは、.zip ファイルのファイルをドラッグ アンド ドロップ操作を実行できます。.
  3. AppManifest.xml を開き、値の変更、RuntimeVersionための属性します。4.0.60129.0.
  4. 新しく編集された AppManifest.xml ファイルが .zip ファイルに追加します。
  5. ファイルが .xap ファイル名の拡張子を .zip 拡張子を削除して名前を変更します。
  6. アプリケーションを実行します。
改善された Http スタック待ち時間 Silverlight 4 版 4.0.60129.0

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2505882 - 最終更新日: 02/14/2011 18:18:00 - リビジョン: 1.0

  • kbhowto kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB2505882 KbMtja
フィードバック
.appendChild(m);