FIX は BizTalk Server 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1 をインストールした後に動作して BizTalk ドキュメント トラッキングを停止する可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2508913

現象
コンピューターに Microsoft BizTalk 2009 または Microsoft BizTalk 2010 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1 をインストールした後、BizTalk ドキュメント トラッキング動作を停止可能性があります。また、次のようなエラー メッセージはアプリケーション ログに記録されます。
イベントの種類: エラー
イベント ソース: BAM EventBus サービス
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 6
説明:
イベント エラーを実行します。エラーが発生したイベントの実行中に、TDDS_FailedTrackingData テーブルの詳細。Sql Server: <sql server=""></sql>、データベース: BizTalkDTADb。

TDDS_FailedTackingData テーブルには、次のエントリが含まれます。

Tdds がイベントの実行に失敗しました。ストアド プロシージャの dtasp_ServiceInsert の実行に失敗しました。プロシージャ dtasp_ServiceInsert パラメーターの数を格納する、IPersistQueryable アイテムのカウントが同じ数の予想: IPersistQueryable 数 0: 14。

Tdds がイベントの実行に失敗しました。ストアド プロシージャの dtasp_MsgIn の実行に失敗しました。プロシージャ dtasp_MsgIn パラメーターの数を格納する、IPersistQueryable アイテムのカウントが同じ数の予想: IPersistQueryable 数 0: 14。

Tdds がイベントの実行に失敗しました。ストアド プロシージャの dtasp_MsgOut の実行に失敗しました。プロシージャ dtasp_MsgOut パラメーターの数を格納する、IPersistQueryable アイテムのカウントが同じ数の予想: IPersistQueryable 数 0: 14。

さらに、 TDDS_FailedTrackingData テーブル拡大で、非常に大規模な可能性があります、 BizTalkDTADb データベースです。
原因
BizTalk アプリケーション ユーザー グループが失われたためパッケージ 1 Microsoft BizTalk 2009 の累積をインストールした後、次のストアド プロシージャの実行アクセス許可を更新するこの問題に発生します。
  • [dbo].[dtasp_MsgIn]
  • [dbo].[dtasp_MsgOut]
  • [dbo].[dtasp_ServiceInsert]

解決方法

累積的な更新プログラムの情報
 

BizTalk Server 2010

累積的な更新プログラム パッケージの入手については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックする方法の詳細については。
2497789 BizTalk 2010 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1

この問題を解決する修正プログラムは、BizTalk Server 2009 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2 に含まれています。

累積的な更新プログラム パッケージの入手については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックする方法の詳細については。
2497794 BizTalk Server 2009 用の累積的な更新プログラム パッケージ 2
回避策
この問題を回避するには、BizTalk 管理コンソールで以下の手順を実行します。
  1. オンにし、 ホストの追跡を許可します。 チェック ボックスを別の BizTalk Server のホストと、このオプションでは、現在のホストの追跡をオフにします。
  2. BizTalk Server のホスト インスタンスを再起動します。
  3. オンにし、 ホストの追跡を許可します。 チェック ボックスでは、元の追跡ホストと他の追跡ホストは、このオプションをオフにする] をクリックします。
  4. 正しいアクセス許可を適用するのには、ホスト インスタンスを再起動します。

状況
Microsoft では、この問題を記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号をクリックしてください。

2003907 BizTalk Server の修正プログラムに関する情報

kbbiztalk2010presp1fix

警告: この記事は自動翻訳されています

Eigenschappen

Artikel-id: 2508913 - Laatst bijgewerkt: 05/23/2011 02:42:00 - Revisie: 1.0

  • kbfix kbqfe kbbtsbam kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew kbbiztalk2009presp1fix KB2508913 KbMtja
Feedback