現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[MS11-049] InfoPath 2010 セキュリティ更新プログラム (2011 年 6 月 14 日) について

はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS11-049 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ホーム ユーザー向けの無料サポートをご用意しています。米国およびカナダのお客様は、電話で 1-866-PCSAFETY にお問い合わせください。他の地域のお客様は、各地域の支社にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、以下のマイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトから、無条件の無償電子メール サポートまたは無条件の個人チャット サポートもご利用ください。 法人のお客様向けのセキュリティ更新プログラムのサポートについては、通常ご使用のサポート連絡先をご利用ください。

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

Windows Update により、InfoPath 2010 を実行しているすべてのシステムにこのセキュリティ更新プログラムが提供されます。しかし、このセキュリティ更新プログラムが必要であるのは Visual Studio Tool for Applications (VSTA) を実行しているシステムのみです。このセキュリティ更新プログラムは、InfoPath 2010 を実行しているすべてのシステムにインストールできます。しかし、バイナリが更新されるのは VSTA を実行しているシステムに限定されます。

注: InfoPath 2010 を実行していて VSTA がインストールされていないシステムにこのセキュリティ更新プログラムをインストールしてから、VSTA をインストールした場合、このセキュリティ更新プログラムを再インストールする必要はありません。

このセキュリティ更新プログラムを適用するための必要条件

このセキュリティ更新プログラムを適用するには、Microsoft InfoPath 2010 がコンピューターにインストールされている必要があります。

再起動に関する情報

このセキュリティ更新プログラムのインストール後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

一部のケースでは、この更新プログラムで再起動は不要です。必要なファイルが使用されている場合、この更新プログラムを適用すると再起動が必要になります。このような動作が発生した場合は、コンピューターの再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動の必要性を下げるには、このセキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのサービスを停止し、すべてのアプリケーションを閉じます。再起動を促すメッセージが表示される理由の関連情報を参照するには、次のサポート技術情報番号をクリックしてください。
887012 Windows ベースのコンピューターにセキュリティ更新プログラムをインストールした後にコンピューターの再起動を促すメッセージが表示される理由

セキュリティ更新プログラムの置き換えに関する情報

このセキュリティ更新プログラムを適用しても、以前にリリースされたセキュリティ更新プログラムが置き換えられることはありません。

アンインストール情報

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] を使用します。

注: このセキュリティ更新プログラムを削除するときに、InfoPath 2010 が収録されているディスクを挿入するように求められる場合があります。また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] または [プログラムと機能] にこのセキュリティ更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。この問題には複数の原因があります。

アンインストールの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。

903771 Office 更新プログラムのアンインストール機能に関する情報

ファイル情報

このソフトウェア更新プログラムの日本語版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。これらのファイルの日付と時刻は日本時間 (JST) で記載されています。お使いのコンピューターに表示される各ファイルの日付および時刻は、適用される夏時間 (DST) を含め、ユーザーの現地時刻で表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Microsoft InfoPath 2010、32 ビット版
ファイル名バージョンサイズ日付時間
XmlEditor.dll2.0.50727.5065741,3762010/11/1912:31
Microsoft InfoPath 2010、64 ビット版
ファイル名バージョンサイズ日付時間
XmlEditor.dll2.0.50727.5065741,3762010/11/1912:31
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2510065 - 最終更新日: 06/24/2011 07:34:00 - リビジョン: 1.1

Microsoft Infopath 2010

  • kbsecvulnerability kbsecurity kbsecbulletin kbfix kbexpertiseinter kbbug atdownload KB2510065
フィードバック