[OLEXP] Windows NT からのログオフ時にメッセージや添付ファイルが失われたように見える

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP251207
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Outlook Express 5.01 で Microsoft Windows NT 4.0 の移動プロファイルを使用しているとき、Windows NT からログオフした際に電子メール メッセージや添付ファイルが失われたように見える場合があります。
原因
Outlook Express 5.01 データベース (.dbx) ファイルの日付と時刻が、Outlook Express 終了時の日付と時刻で更新されていません。このため、オペレーティング システムは .dbx ファイルの更新を識別できず、.dbx ファイルはログオフ処理中にユーザーのホーム フォルダにアップロードされません。その後、ほかのコンピュータからログオンが行われても、前回のログオフ時に .dbx ファイルは同期されていないため、.dbx ファイルに更新が反映されません。
解決方法
この問題を解決するには、Outlook Express 5.5 を入手してください。Outlook Express 5.5 の関連情報とダウンロード方法については、次の文書番号をクリックして Microsoft Knowledge Base を参照してください。
268382Outlook Express Version 5.5 Available
回避策
この問題を回避するには、Outlook Express を終了する前にすべてのフォルダを最適化します。
  1. [ファイル] メニューの [フォルダ] をクリックします。
  2. [すべてのフォルダを最適化する] をクリックします。
状況
弊社ではこの問題を、この資料の冒頭に記載した Microsoft 製品の問題として認識しております。

この問題は、Microsoft Outlook Express 5.5 で修正されました。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 251207 (最終更新日 2000-08-02) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:251207 - 最終更新日: 02/03/2014 10:00:42 - リビジョン: 1.0

Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 2

  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbprb outexnt KB251207
フィードバック