マイクロソフト安全スキャナーを実行するときのエラーのトラブルシューティング方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2520970
現象
Microsoft セーフティのスキャンを実行した後、スキャン中にエラーが検出され、詳細については、この資料に表示されることを示すメッセージが表示されます。

注: これらのエラーのいくつかの情報メッセージまたは重大でない問題は、追加のアクションを必要としません。具体的には、ログに警告としてマークされているエラーは、そのようなエラーをエラーとしてマークされているよりも深刻度は低い。

解決方法
特定のエラーのトラブルシューティング方法

エラー メッセージを受信した理由を判断するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックしてください
  2. 次のコマンドを入力します: %systemroot%\debugです。[OK] をクリックします。
    1. 注: %systemroot% は、Windows システム ファイルが存在しているパスとフォルダーの名前です。通常は C:\Windows が、Windows をインストールするときに、別のドライブまたはフォルダーを指定できます。
  3. Msertをという名前のファイルをダブルクリックします。メモ帳が開きます。
  4. 新しいメモ帳のウィンドウに、エラーが表示されるまでスクロールします。通常、0x で始まります。
  5. エラー コードを次の表に記載されているものと一致し、使用してこの手順に記載されている指示に従って操作します。独自のエラー コードは次の表に表示されない場合を参照してください、 ヘルプとサポートを入手する方法セクションです。
エラー コード原因この手順を使用します。
0x80508019スキャン対象のファイルまたはドライブが存在しません。スキャン対象のファイルまたはドライブを変更します。.
0x80508007システムでは、メモリ不足が発生します。Microsoft セーフティのスキャンを再度ダウンロードします。.
0x8050800Cシステム状態は、スキャンが、特定のユーザー コンテキストで実行されていることを禁止します。コンピューターを再起動し、スキャンを再試行してください。.
0x8050A005署名されていません。Microsoft セーフティのスキャンを再度ダウンロードします。.
0x8050A002署名データベースが破損しています。Microsoft セーフティのスキャンを再度ダウンロードします。.
0x8050A004署名が無効なまたは壊れています。Microsoft セーフティのスキャンを再度ダウンロードします。.
0x80508002署名データベースが破損しています。Microsoft セーフティのスキャンを再度ダウンロードします。.
0x80508004署名データベースが破損しています。Microsoft セーフティのスキャンを再度ダウンロードします。.
0x8050A001署名がないために、エンジンをロードできませんでした。Microsoft セーフティのスキャンを再度ダウンロードします。.
0x80508001エンジンがロードできませんでした。Microsoft セーフティのスキャンを再度ダウンロードします。.
0x80508025アクションを完了するには、ユーザーは、手順に従う必要があります。たとえば、ユーザーがシステム設定を変更する必要があります。ログまたは通知の指示に従います.
0x80508024操作を完了するには、ユーザーする必要がありますフル スキャンを実行し、再度実行します。フル スキャンを実行します。.
0x80508026リソースの 1 つは、コンテナーの一部です。などのリソースの 1 つは、アーカイブ内のファイルです。ファイル アーカイブを特定し、ファイルを手動で削除します。

表に記載されている手順を実行するのには、次の手順を参照してください。

スキャン対象のファイルまたはドライブを変更します。
  1. マイクロソフト安全スキャナーを起動します。
  2. スキャンの種類カスタマイズされたスキャンを、] をクリックし、フォルダーを選択をクリックします。
  3. [フォルダーの参照、別のファイルまたはドライブをクリックして、 [ok]を [次へ] をクリックします。
スキャンを再試行してください。
  1. Microsoft セーフティのスキャンを開始し、[次へ] をクリックします。
  2. スキャンの種類] でスキャンをし、[次へ] をクリックするの種類を選択します。
コンピューターを再起動し、スキャンを再試行してください。
  1. コンピューターを再起動します。
    1. Windowsxp:開始] をクリックし、[シャット ダウン] をクリックします。の下のドロップ ダウン リストでは、再起動、] をクリックし、[ OK] をクリックします。
    2. Windows VistaまたはWindows 7: [スタート] ボタンをクリックして、 [スタート] メニューの右下隅の矢印をクリックし、[再起動] をクリックします。
  2. Microsoft セーフティのスキャンを開始し、[次へ] をクリックします。
  3. スキャンの種類] でスキャンをし、[次へ] をクリックするの種類を選択します。
Microsoft セーフティのスキャンを再度ダウンロードします。
  1. ダウンロード リンクを見つけるの http://safety.live.com に移動します。
ログまたは通知の指示に従います


Microsoft セーフティのスキャンはエラーを通知し、説明する場合、は、これらの指示に従います。ツールからの指示がない場合は、手順については、ツールのログ ファイルで確認できます。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックしてください
  2. 次のコマンドを入力します: %systemroot%\debugです。[OK] をクリックします。
    1. 注: %systemroot% は、Windows システム ファイルが存在しているパスとフォルダーの名前です。通常は C:\Windows が、Windows をインストールするときに、別のドライブまたはフォルダーを指定できます。
  3. Msertをという名前のファイルをダブルクリックします。メモ帳が開きます。
  4. 新しいメモ帳のウィンドウに、エラーが表示されるまでスクロールします。通常、0x で始まります。
  5. ログの最新のエントリに記載されている指示に従います。指示がない場合は、エラー コード番号を記録および特定のエラーのトラブルシューティングを行う方法を参照してください。
フル スキャンを実行します。
  1. Microsoft セーフティのスキャンを開始し、[次へ] をクリックします。
  2. [スキャンの種類] でフル スキャンをを [次へ] をクリックします。
ファイル アーカイブを特定し、ファイルを手動で削除します。

マイクロソフト安全スキャナーは、スキャン中に、.zip ファイルなど、ファイルのアーカイブに含まれる悪意のあるソフトウェアを検出します。ファイルが悪意のあるソフトウェアであり、アーカイブから手動で削除するかどうかを決定する必要があります。ファイルが悪意のあるかどうかを確認するのには、次の次の手順を実行します。
  1. マイクロソフト マルウェア プロテクション センターを参照してください。 http://www.microsoft.com/security/portal/
  2. マルウェアについての詳細をクリックします。
  3. [百科事典] ボックスの検索、ファイルの名前を入力し、虫眼鏡ボタンをクリックします。
  4. ファイルは悪意あるコードとして表示されます。 場合、
    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックしてください
    2. ファイルの名前を入力し、[ OK] をクリックします。
    3. Windows エクスプ ローラーが表示されます。ウィンドウでファイルを検索して右クリックし、[削除] をクリックします。
    4. ユーザー アカウント] ウィンドウが表示されたら、[はい] をクリックします。
  5. 百科事典では、ファイルが表示されない場合はそれが悪意のある、サンプルの送信をクリックします。校閲用のファイルを送信するのには画面に表示される指示に従います。


詳細
ヘルプとサポートを取得する方法。

この資料では、Microsoft セーフティのスキャンによって提供されるエラー コードを使用する方法について説明します。この資料で説明されているエラー コードを受信する無料のマイクロソフト カスタマー サポート サービスがあるかを送信すること、 サポート案件.地域の支社に連絡する方法の詳細については、次の世界のサポート Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/common/international.aspx

マイクロソフトでは、Microsoft Security Essentials の、ウイルスやマルウェアに感染しているから、コンピューターを保護するのに役立つ無料のプログラムも提供しています。Microsoft Security Essentials をダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 http://www.microsoft.com/security_essentials/default.aspx
Microsoft セーフティのスキャン、Microsoft Security Essentials は、マルウェア、ウイルス

プロパティ

文書番号:2520970 - 最終更新日: 02/06/2016 07:36:00 - リビジョン: 24.0

Microsoft Safety Scanner

  • kbmt KB2520970 KbMtja
フィードバック