Imagex.exe は Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューター上の Windows PE 3.0 に画像を取り込むことはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2525084
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行している複数のプロセッサを持つコンピューターがあります。
  • Imagex.exe ツールで Windows プレインストール環境 (Windows PE) 3.0 コンピューターにイメージをキャプチャを実行します。
この場合、Imagex.exe をランダムに失敗します。さらに、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
プロセス別のプロセスによって使用されているためファイルにアクセスできません。


命令 メモリ アドレス 参照されているメモリ メモリ アドレス.メモリ書き込みができませんでした。プログラムを終了して [ok] をクリックします。

原因
Imagex.exe ツールでタイミングの問題によりこの問題が発生しました。

タイミングの問題が発生した場合、2 つのスレッドは、同時にファイルを開くしようとします。したがって、する、エラー メッセージ「現象」に記載されていますいます。
解決方法
この問題を解決する最新バージョンの Windows の評価と展開キット (Windows ADK)、またはインストールの「ファイル情報」セクションに記載されている修正プログラム パッケージ。

方法 1: Windows ADK をインストールします。

  1. Windows ADK の最新バージョンをダウンロードします。
  2. /Mountrw構文、Imagex.exe ツールを使用して問題があるようのファイルをマウントします。コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    IMAGEX。EXE/mountrw よう 1 のステージング領域のパス
  3. Imagex の更新されたファイルのコピー (既定では C:\Program Files (86) \Windows Kits\8.1\Assessment と展開 Kit\Deployment Tools\amd64\DISM\Imagex.exe) マウントのようファイルのToolsディレクトリに。
  4. /Commit構文、Imagex.exe ツールを使用してようファイルをアンマウントします。コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    IMAGEX。EXE/commit

方法 2: 修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>[修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

このパッケージの修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。
  • Windows 7
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1)
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1)
Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の Service Pack を入手する方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
976932 Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 に関する情報

インストール手順

ユーザーのユーザーが既にインストールされて Win7 RTM OPK または WAIK のツール キット

ダウンロードは、システムに置き換える imagex.exe を imagex.exe ファイルの更新バージョンを提供します。既定では、ImageX は、次のフォルダーにインストールされます。

WAIK のユーザー:
C:\Program 配信 AIK\Tools\<architecture>

OPK のユーザー:
C:\Program 配信 OPK\Tools\<architecture>
注:<architecture>は、x86、amd64、または IA64 です。

Imagex.exe を更新するには、次の手順を実行。
1. コンピューター上のフォルダーにすべてのアーキテクチャは、ImageX リリースの .cab ファイルをダウンロードします。
2. エクスプ ローラーで、コンピューター上の x 86 の .cab ファイルを見つけます。
3. エクスプ ローラーで .cab ファイルの内容を表示するファイルをダブルクリックします。
4 imagex.exe を選択する CTRL + A を押します。
5. 選択範囲を右クリックし、[抽出] をクリックします。
6. 選択でコピー先のウィンドウ、.cab ファイルを含むフォルダーを選択します。
7. は新しいフォルダーの作成] をクリックし、x86 フォルダー名を入力します。
8. ファイルを抽出する抽出をクリックします。
9. エクスプ ローラーで、前の手順でファイルを展開したフォルダーを見つけます。
10 ImageX フォルダー内を選択、CTRL + A を押します。
11.、選択範囲を右クリックし、[コピー] をクリックします。
12 x 86 imagex.exe ファイルがコンピューターにインストールされているフォルダーを見つけます。たとえば、x 86 imagex.exe ファイルは C:\Program 配信 AIK\Tools\x86 または C:\Program 配信 OPK\Tools\x86 WAIK または OPK のユーザーによりフォルダーにインストールできます。
13 の内を右クリック、フォルダーと [貼り付け] をクリックします。
14. されたら、ファイルを置き換える、imagex.exe をこのリリースには新しいバージョンにはコピーと置換をクリックします。
15 の場合、ウィンドウは、管理者のアクセス許可を求める、[続行] をクリックします。他のファイル操作ウィンドウが表示、する場合これらのウィンドウではいをクリックします。
16. amd64 ImageX の .cab ファイルを使用して amd64 フォルダー名を入力して、抽出された amd64 ImageX ファイルの保存先フォルダーを選択することで 2 ~ 15 の手順を繰り返します。Amd64 imagex.exe ファイルは C:\Program 配信の AIK\Tools\amd64 または C:\Program 配信 OPK\Tools\amd64 フォルダー WAIK または OPK のユーザーごとにインストールできます。
17 IA64 フォルダー名を入力することによって抽出された IA64 ImageX ファイルの保存先フォルダーを選択して、ImageX の IA64 の .cab ファイルを使用して手順 2 を繰り返します。Amd64 imagex.exe ファイルは C:\Program 配信の AIK\Tools\IA64 または C:\Program 配信 OPK\Tools\IA64 フォルダー WAIK または OPK のユーザーごとにインストールできます。

Imagex.exe を使用してスタンドアロンの実行可能ファイルとして、ユーザーに対して次の手順を実行します。
</architecture></architecture></architecture>
  1. 一時的な場所にはこの修正プログラム パッケージを手動で抽出します。
  2. /Mountrw構文、Imagex.exe ツールを使用して問題があるようのファイルをマウントします。コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    IMAGEX。EXE/mountrw よう 1 のステージング領域のパス
  3. ようマウントされているファイルのディレクトリToolsに imagex を更新されたファイルをコピーします。
  4. /Commit構文、Imagex.exe ツールを使用してようファイルをアンマウントします。コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    IMAGEX。EXE/commit

レジストリ情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後にコンピュータを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報メモ
重要: Windows 7 の修正プログラムと Windows Server 2008 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに収められています。ただし、"修正プログラムの要求" ページの修正プログラムは、両方のオペレーティング システムの下に表示されます。一方または両方のオペレーティング システムに適用される修正プログラム パッケージを要求するには、ページ上の "Windows 7/Windows Server 2008 R2" の下に表示されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品 (RTM、SP の SR_Level に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) 次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別できるとします。
    バージョン製品SR_Levelサービス区分
    6.1.760 121xxxWindows 7 および Windows Server 2008 R2SP1LDR
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 7
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Imagex.exe6.1.7601.21716475,6482011 年 4 月-28-02:34x86
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 7 および Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Imagex.exe6.1.7601.21716574,9762011 年 4 月-28-02:51x64
サポートされているすべての IA-64 ベース バージョンの Windows Server 2008 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Imagex.exe6.1.7601.217161,188,3522011 年 4 月-28-02:12IA-64
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
ソフトウェア更新プログラムの用語の詳細については、次の文書番号をクリックしてマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される標準的な用語について
ImageX ツールの詳細については、次の TechNet web サイトを参照してください。
ImageX の競合問題 WinPE

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2525084 - 最終更新日: 07/09/2015 07:40:00 - リビジョン: 5.0

Windows 7 Starter, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Ultimate, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems

  • kbqfe kbfix kbhotfixserver kbautohotfix kbsurveynew kbexpertiseinter atdownload kbmt KB2525084 KbMtja
フィードバック