[NT]Err Msg: この種類のファイルはオフラインで使用できません

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP252509
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ファイルやフォルダをオフラインで使おうとすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
オフライン ファイル (\\<server>\<share>): <Filename> を \\<server>\<share>ではオフラインで使用可能にできません。この種類のファイルはオフラインで使用できません。
原因
標準で次の拡張子の付いたファイルが除外されます。
.db?
.ldb
.mdb
.mde
.mdw
.pst
.slm
解決方法
弊社では、除外ファイルの一覧を変更しないことをお勧めします。詳細については、「詳細」セクションを参照してください。
状況
この現象は仕様によるものです。
詳細
ファイルの競合およびデータの損失を防ぐ手段として、特定のファイルの種類が標準で除外されています。オフライン ファイル機能で使用するメカニズムは、クライアント側のキャッシュ (CSC) です。CSC は、同期の問題が発生した場合 (たとえば、サーバー上のファイルのコピーが最後の同期以降より変更されている場合など) を認識することができます。このような場合、使用する履歴内の候補を選択することができますが、内容を結合することはできません。

さらに他にもファイルの種類に一般に使われる同期メカニズムがあります。このようなファイルの種類の 1 つが .pst ファイルです。この種類は、Microsoft Outlook の組み込みオフラインおよび同期機能による競合を防ぐ対象の一覧に含まれています。オフライ ファイル機能は、同期のために置換を行うため、2 つのコピーを結合することはできません。

該当するグループ ポリシー オブジェクト (ローカル、ドメイン、部門など) を編集することにより、除外される拡張子のリストを変更することができます。たとえば、.pst 拡張子を除外ファイルのリストから削除するためには、ポリシー エディタで次のポリシー例を有効にします。
Computer Configuration\Administrative Templates\Network\Offline Files\Filesnotcached
次に [拡張子] ボックスに次の文字列を入力します。
*.slm;*.mdb;*.ldb;*.mdw;*.mde;*.db?
ログオフし、再度ログオンします。これにより規定の一覧は、*.pst を除くすべての拡張子が維持され、置き換えられます。他のどの拡張子にも同じ方法を用いることができます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 252509 (最終更新日 2000-06-23) をもとに作成したものです。

outlook offline files
プロパティ

文書番号:252509 - 最終更新日: 12/05/2015 18:23:51 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows 2000 Professional Edition, Microsoft Windows 2000 Server

  • kbnosurvey kbarchive kberrmsg kbtool kbenv kbprb KB252509
フィードバック