Outlook の IMO モードでは MAPI および CDO はサポートされていません

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:252720
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft Office Outlook は、次のモードでインストールできます。
  • インターネット メールのみ (IMO)
  • 企業/ワークグループ (CW)
別の MAPI サブシステムは、これらの各モードをインストールされています。IMO モードでインストールされている MAPI サブシステムは、最低限の MAPI サポートを Outlook の基本的な機能を提供するスタブです。

次のテクノロジをフル ・ サポートを提供するのには、CW モードで outlook をインストールする必要があります。
  • 拡張 MAPI
  • 簡易 MAPI
  • 1.2 のコラボレーション データ オブジェクト (CDO) x
  • 開発キット (EDK) を交換します。
  • MAPI コントロール
IMO モードでは、Microsoft Outlook がインストールされているが、このモードがサポートされていないシステムにこれらのテクノロジを使用するプログラムを実行できます。
詳細
IMO から CW モードを切り替えることができます。 モードの切り替えの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
195507Outlook 2000 で別から 1 つのインストール タイプを切り替える方法
関連情報
詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
196041使用している Outlook セットアップ オプションの種類を知る方法
195507 Outlook 2000 で別から 1 つのインストール タイプを切り替える方法
183524 1 つのインストールの種類の切り替え

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:252720 - 最終更新日: 12/05/2015 18:25:54 - リビジョン: 6.0

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbmsg kbmt KB252720 KbMtja
フィードバック