現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Exchange Server 2010年環境では、連絡先フォルダーにアクセスするのには、IMAP4 を使用すると、Outlook や OWA のパフォーマンスが低下します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2535130
現象
次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft Outlook を使用するか、Microsoft Outlook Web Access (OWA) をログに記録するのには、Microsoft Exchange Server 2010年環境でメールボックスに使用します。
  • 予定表のログ機能を有効にします。
  • インターネット メッセージ アクセス プロトコル バージョン 4 (IMAP4) を使用して、連絡先フォルダーに、メールボックスにアクセスします。
  • 同時に、他のユーザーがメールボックスにログオンします。
このシナリオでは、Outlook または OWA を使用してメールボックスにログオンしている他のユーザーのパフォーマンスの低下が発生します。たとえば、数秒では、Outlook の砂時計のアイコンが表示されます。また、OWA 更新状態に詰まっているのままです。

メモフォルダー数は、メールボックスのバージョンが非常に高い (百万) 数を照会するのには、次のコマンドを実行するとします。
取得 MailboxFolderStatistics-アイデンティティ<your test="" mailbox="">- Folderscope RecoverableItems | ft の名前、ItemsInFolder のサイズを自動調整</your>

原因
IMAP4 サービスのトリガーは、不要なコピーを書き込み (COW) アクション、連絡先アイテムにアクセスするときこの問題発生します。回復可能なアイテムを作成、収集コンポーネント フォルダーのバージョン。不要な回復可能な項目が多くの場合パフォーマンスが低下するため、収集コンポーネント フォルダーのバージョン。
解決方法
この問題を解決するには、次の更新プログラムのロールアップをインストールします。
2509910 Exchange Server 2010 Service Pack 1 の更新プログラムのロールアップ 4 の説明
回避策
この問題を回避するには、1 つまたは複数、次の方法を使用します。
  1. IMAP4 プロトコルを無効にします。
  2. 別のアクセス方法 Exchange Web サービス (EWS) などに変更します。
  3. 次のコマンドを実行すると、予定表のログ機能を無効にします。
    セット-メールボックスの識別< user-="" identity="">- CalendarVersionStoreDisabled: $true
状況
マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
同様の問題の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
2463798 Exchange Server 2010 SP1 環境での [予定表] フォルダーへのアクセスに IMAP4 を使用すると、Outlook や OWA のパフォーマンスが低下します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2535130 - 最終更新日: 06/22/2011 14:14:00 - リビジョン: 1.0

  • kbfix kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB2535130 KbMtja
フィードバック
/html>